書きぐせの前に口ぐせについても考察してみると・・・

口ぐせという単語・言葉を耳にしたことがきっとあると思います。積極的な意味合いからアファメーションと言われることもあります。

「貧乏暇なし!」とコトあるごとに口にしていたある女性で、本当に忙しくて、それでも貧乏な生活・人生を送った人がいました。また、そんな人生を創造してしまった人もたくさん存在するらしいです。謙遜的な意味から自嘲気味に話していたのかも知れませんが・・・
でも、その口ぐせのおかげ?(パワー)でそんな人生を創造し続けていたというのだとしたら、ある意味不幸なことです。

では、書きぐせという言葉を聞いたことがありますか? たぶん、初めてだと思います。
ただ、書いたことは実現する、という言葉はいかがでしょうか。耳にしたことはありませんか。

ことの真偽はわかりませんが、アメリカのとある大学で卒業前に将来の夢とプランを紙に書いた人と書かなかった人とを比較した話がありました。(まゆつばモノだという説もあります)

それによると、卒業前に自分の夢や将来のプランを紙に書いた人と書かなかった人との割合は、3%:97%だったらしいです。

追跡調査で、卒業生のその後の人生・成功について調べたところ・・・
その97%の人の収入・財産よりも(夢・目標・プランを紙に書いた)3%の人たちの収入・財産の方が多かったという話です。

ガイド案内

3%の人たちの収入・財産 > 97%の人たちの収入・財産
卒業前に夢・目標・プランを紙に書いた人たち(3%) VS 書かなかった人たち(97%)

ウソだという話もあります。
でも・・・書くことで夢がかなった、欲しいものを手に入れたという人たちも、たくさん存在するのです。

口ぐせとは自己暗示の強力なツール? 言い聞かせ?

ガイド案内

ボクシングの試合などで、セコンドが選手に向かって
「お前は強い! お前がチャンピオンだ! 絶対にお前が勝つ!」といった檄(げき)を飛ばしているシーンをみたことはありませんか?

身近なスポーツ大会や試合などでも円陣を組んで、気合を入れたり・暗示をかけたりすることは、よくあるシーンです。

自分への言い聞かせ、ということなら、大なり小なりあなたも経験があるのではないでしょうか。
試合前、テスト前、受験本番前、大事な人とのデート前・・・

寝る前に「おまえは(あなたは)素晴らしい」と鏡に向かって言い聞かせて、朝起きて鏡に向かって「オレは(わたしは)素晴らしい」と言い聞かせている人もいます。そして素晴らしい人生を送っています。

「ツイテル・ツイテル」「すべては上手くいっている」「わたしの人生は素晴らしい」・・・口ぐせ、試してみませんか?

口ぐせを試してみたいというあなたにアドバイスです。ついでに書きぐせも試してみてはいかがでしょうか、というものです。

ガイド案内

書きぐせは、(学生時代に漢字や英単語を書いて覚えたという)日本人向けの引き寄せの法則です。口ぐせだけでなく、書きぐせも実践して夢の実現や人生の成功を潜在意識に強く刻みつけてみませんか。

潜在意識の世界は、繰り返し・繰り返し・反復・反復といった「強い」刺激で、感情をともなった強い刺激で、上書き・書き換えができる世界です。口ぐせや書きぐせというものは一つのやり方・ノウハウ、ある意味でのツールです。

自分のこれまでの体験・経験からの固定観念を書き換えることがいちばん大切なのです。

繰り返し×繰り返し×反復×反復で、潜在意識・固定観念を書き換えることは可能です。そしてその固定観念が、あなたの気分・感情・波動をエネルギーとして発散する=宇宙に届けるおおもとになっているのです。


  • 自転車に乗れなくても・・・何回も練習することでやがて乗れるようになります。目を閉じても手放し運転ができるようにもなります。・・・潜在意識が動作をコントロールしてくれていることになります。
  • ピアノが弾けなくても・・・右手だけの練習、左手だけの練習・・・やがて両手で演奏できるようになります。目を閉じても演奏できたりします・・・潜在意識の世界の話です。
  • テニスを始めた時、ボールにラケットを当てることができない人も・・・サーブの練習、レシーブの練習、ステップの練習、試合形式の練習・・・やがてラリーができるようになります。顔面に飛んできたボールにも(無意識にラケットを出して)反応できるようになります。・・・無意識の動きは潜在意識のおかげです。
  • 漢字や英単語を何回も何回も書いて覚えたら・・・ふと、ド忘れしても、手を動かす動作をすると「つづりやスペル」を思い出すことがあります。・・・潜在意識が覚えておいてくれていた、ということですね。

何回も何回も同じ動作をすることで潜在意識に刻みつけられます。
潜在意識は(運動の世界では習熟であり上達です。運動神経を発達・強化させますが)、
思考の世界では思い込み・固定観念を強化します。

自分は、運が悪いとか、失敗ばかりするとか、いい人に出会えないといった思い込みは・・・ますますその思い込みを強化する方向に働いているかも知れません。これでもかこれでもか、というくらいの自分への(潜在意識への)言い聞かせになってしまっているわけです。
そして・・・ますます運が、失敗が、出会いが・・・

ガイド案内

思い込み・固定観念が、あなたの目の前の出来事すべてに対して
特定の感情・気分(そこからのエネルギーである波動)を発生させます。

同じ出来事や場面に出くわしても、人によって感じ方・気分・波動が違いますから、いいコトを引き寄せたり、悪いことを引き寄せたり、人によって現実の世界が違ってくることになります。

まさに人生が創造されている、ということなのです。

思い込み・固定観念を上書きしましょう!

スポンサードリンク

口ぐせから書きぐせへと意識してみるのもいいかも知れない

口ぐせ、自己暗示、アファメーション・・・(言霊)・・・
口ぐせは信念を強化したり、(口ぐせによる潜在意識への刻みつけ)で夢をかなえたり、人生で成功するために役立つといわれています。

ちまたには、口ぐせで夢をかなえたり・成功したりするための、あるいは自己実現や信念強化のために口ぐせを活用する自己啓発本がたくさんあふれています。また、何百万人もの人たちが実践してきているようでもあります。

口ぐせ、くちぐせ、クチグセ、言い聞かせ、自己暗示、アファメーション・・・

口ぐせは、夢や願いごとをかなえる一つの手段。あるいは、口ぐせで性格を変えたり、その結果として行動を変えたりすることもできるもの。
口ぐせは、一種の自己暗示でもありますね。また、日本には古来より言霊(ことだま)という概念もあります。

口ぐせが、前向きな発想(プラス思考・積極思考)や行動につながることはそれこそ運命や人生を変えるのに適している方法だと思います。

(前述しましたが)夜、寝る前に鏡に向かって、「おまえは、信念が強くなる」と自分に言います。
また、朝、起きて鏡に向かって、「わたしは、信念が強くなった」と自分に言い聞かせます。

通勤や通学で歩きながら具体的に
わたしは、信念が強くなりつつある」とか「わたしは、信念がつよくなった」と言い続けるのもありです。

自分の経験からもよく身近にこういったコトを実行している人をみてきました。通学時に、ブツブツいいながら口ぐせをしている人で東京大学に合格した高校の先輩もいました。

口ぐせは、自己暗示と共に、潜在意識への刻みつけです。知らず知らずのうちに、あなたも実行されているかも知れませんね。
たくさんの人が実践しているかも知れません。

口ぐせは万能マシーンか?

いいことずくめの口ぐせですが・・・では、口ぐせは万能でしょうか。

実際に行う・実践する時のことを考えてみましょう。(人前、人混みの中でも割り切ればいいのですが)

  • 人ごみの中、例えば通勤電車の中では、どうでしょうか。
  • 通行量の多いところを歩く時は、どうでしょうか。
  • 職場や学校などで机に座ったまま、ちょっとした休憩中だと、どうでしょう。・・・無声音で、口ぐせを実行しますか。それならできそうですか?

本当に忘れることなく繰り返すことのできる「くせ」、まさに口ぐせとしていつも発しているレベルにまで到達できればいいですが、口ぐせそのものを忘れてしまうこともあります。

ガイド案内

スマホやICレコーダーなどに(自分の声などで)録音しておいて、絶えず(スキマ時間などに)聴く、という手もありますが・・・

それと、もう一つ。(言霊(ことだま)という概念は別にしますが)発した言葉は、残らないのです。目に見える形では、残りませんね。

これだけ、実行してきたんだ、という確認作業ができないのです。山登りやマラソンなどで、ここまでやってきたんだという成果の確認ができません。もし、目に見える形で残れば、またやる気に再点火できるのです。三日坊主ではなくて、やる気を持続させることができやすくなります。

また、忘れていた口ぐせを思い出すとしたら・・・そのきっかけは、何かを目にするか、耳から入ってくるものか(聞こえてきたもの)しかありません。

であれば・・・何かプラスαがあれば・・・口ぐせとの相乗効果で潜在意識への刻みつけができるものがあれば・・・さらに、口ぐせを思い出させる「キッカケとなる何か」があれば・・・いちばんいいですね。

ガイド案内

手に持って、カチカチと数を数えるカウンターを持ち歩いて、口ぐせの回数を数える、というようなやり方をすれば忘れる可能性は少なくなるかも知れませんが・・・

人生創造のために、毎日毎日、カチカチとカウンターで数えながら「ありがとう」という言葉を1日1万回を目標にチャレンジするといったようなことをした人もいるらしいです。
運命・人生が大きく変わったそうです。まさに人生を創造し続けているということですね。

口ぐせ+目に見える何か、があれば・・・

書きぐせと読みぐせ・・・読みぐせは、書きぐせと同時にできるかも知れない?

手ぶらで、(割と)時間と場所を選ばずにできるのが、口ぐせです。

ただ、衆人環境の中で、大声で、なんてことが苦手です。(大声でやる方が、潜在意識により強く刻みこむことができそうですが・・・苦笑)
それと、実行したことの確認ができないという一面もありました。

さらに、意識しないと(うっかりすると)忘れてしまうことがあります。それこそ「くせ」になるまで意識して繰り返すことができればいいのですが、つい忘れてしまうというのが人間です。
くせになる前に、単発・散発で終わってしまうようなことになる可能性もあります。

では、読むくせで、潜在意識に刻みつけようとするのはダメでしょうか。通勤電車の中で、本や雑誌を読んでいる人は、多いですね。
自己啓発本なんかもたくさん読まれているようです。

自分だけの自己暗示専門書的な、といった本はありません。(自分でつくれば別ですけど)
イメージとしては、

「わたしは、信念が強くなる」
「わたしは、信念が強くなる」
「わたしは、信念が強くなる」
「わたしは、信念が強くなる」
「わたしは、信念が強くなる」
「わたしは、信念が強くなる」
・・・・・
という具合に、前向きな言葉だけが記述してあるようなもの(本)です。

これを読んでいけば、とりあえず今日はここまで読んだという実績の確認はできます。・・・実践するには、もう一歩でしょうか。

となれば・・・
口ぐせ+読みぐせ+何かがあれば・・・
・・・・・

では、自らの手で書くというのであれば、どうでしょう。

書きぐせの登場!

よく初詣や合格祈願などの時に、絵馬などに願いごとを「書いて」願掛けをします。一年に一回とか、試験前に一回とか、ですね。
極端な話ですが、もし、毎日毎日「書いて」願掛けをすることができたらどんなものでしょうか。

  • 書くことは、同時に読むことでもあります。
  • ちゃんと書けているかどうか、字が間違っていないか、曲がっていないか、バランスがとれているかどうか、と見るわけですから、自動的に読むことでもあるのです。しかも集中します!
  • そうです。毎日、書けば良いのです。自動的に読むことができます。
  • だから、書きぐせです。
  • 書きぐせは、読みぐせとセットになる、ということです。
  • 書きぐせは、毎日毎日の願掛けといっしょです。

書くことと読むことで、潜在意識に刻みつける。口ぐせのきっかけにする!

ガイド案内

書きぐせで書いたものは、現実の世界で目に見えるものとして残ります。目で確認できます。
書いたものが、これだけ積み上がってきたということが自分で実感できます。

確認できるということは、やる気を持続することにつながるのです。
さらに、書きぐせは、違う観点からのお薦めの理由があります。

情報量の差(書きぐせ・・・手と目、読みぐせ(黙読)・・・目、口ぐせ・・・口と耳)

受験勉強などでの暗記や記憶の方法として(より強く記憶に刻みつける方法として)、五感を使うほど良い、とする考え方があります。
見て(読んで)、書いて、口にだして、聞いて、あるいは手を振りながらとか、部屋を歩き回りながら、なんてことを言う人もいます。
納得できる話でもあります。

書きぐせと口ぐせと読みぐせ(黙読)を比較する前に、目に入る情報量について みてみましょう。

人は、取得する情報の8割を視覚から得ているといわれています。聴覚だとわずかに1割だそうです。
また、一秒間に受け取れる情報は・・・

触覚が、100ビット、聴覚が、1万ビット、視覚が、100万ビット。
つまり、触覚:聴覚:視覚=1:100:10,000という説もあります。

さらに、細胞の数で比較すると、聴覚細胞:視覚細胞=24千個:12億個となり、5万倍の差があるそうです。

もう一つ、面白い現象に『マガーク効果』というものもあります。
これは「が」と発音する口の形の映像を見せられた状態で、「ば」という音が聞こえると、「が」とか中間的な「だ」という音に聞こえてしまうらしいです。目を閉じて映像を見ないで聞かされると「ば」という音が聞こえるそうです。

つまり、目からの情報と耳からの情報が同時に入ると、目からの情報に影響されてしまうのです。それだけ、目からの情報は強いということになります。

いかがでしょうか。耳と目の機能(能力)の差は、ケタ違いです。
では、そういった目の能力(耳の何倍もの情報処理能力がある)を集中する、凝縮する方向に使えたらどんなものになるのでしょうか。

情報量の差から ⇒ さらに精神集中の差へ

口ぐせや自己暗示が、潜在意識への刻みつけを狙いとしたものであることは、間違いありません。
強く刻みつけることができれば、より良いことになります。

先に(情報量の差のところで)、耳からの情報量と目からの情報量の差を知ることができました。それだけの格差を生じさせるだけの機能(能力)の差が、耳と目にはあることになるわけです。

ここで、ちょっと発想を変えてみましょう。

  • 風景を漫然と眺めながら、口ぐせを行うことはできます。
  • 歩きながらの口ぐせは実行できるわけですので、問題ありません。
  • 逆に、何かを話しながら、それ以外のことに精神を集中することもできます。
  • 残念ながら、できてしまうのです。
  • つまり、口ぐせで、「わたしは、信念が強くなる」と言いながらそれを3回、5回と繰り返している時でも、「おっ、好きな音楽が流れてきたな」とか「交差点のあの自動車、危ないなー」とか、他のコトに意識を向けることができてしまうのです。・・・口ぐせの欠点
  • ⇒ 口ぐせが、耳からの情報・目からの情報・刺激に負けてしまうのです。
ガイド案内

では、何かを書きながら(書くことに意識を集中しながら)、他のことに意識を向けるのはどうでしょうか。
書きなぐるのではなく、ちゃんと書くのであれば、他のことに意識を向けるのは難しくなってしまいます。「わたしは、信念が強くなる」と書きながら、試してみてください。3行、5行と書き続けながら試してみてください。

書くという行為の中には、目で確認する(読む)、手を動かす、といったことも入ってきます。集中せざるを得ないのです。

どうだったでしょうか? かなり集中することができたのではありませんか?

もちろん、そうでないと言う人もいらっしゃったと思いますが、どんな結果だったでしょうか。
記憶や暗記の際には五感を使うほど良い、というのがありました。記憶に刻みつけるために・定着させるために、感覚のフル総動員をやるということでした。

思い込み・潜在意識・固定観念の書き換えです。上書きです。総動員!でやりましょう。

潜在意識・思い込み・固定観念を書き換えるために・・・その1、いやそのすべて!

ガイド案内

書きぐせ、口ぐせをミックスしたら・・・

書きながら、(同時に、見ながらができてしまう)
    +
話しながら(口ぐせです)
    +
意識の中で、読みながら、ということになります。

そして逆に、書いたものを見る・読むということを実践すれば
見ながら(読みながら)+意識の中で(無声音で)話しながら、もできることにとなります。

口ぐせだけではなく、書きぐせも!
書きぐせは、同時に見ながらの読みぐせ(再確認)となります。

また、書きぐせを口ぐせのきっかけにすることもできるのです。

書きぐせのすゝめ、でした! 思い込み・固定観念を書き換える!

雨男、雨女・・・という概念があります。周囲の納得や認められているというも確かにあるかと思いますが、本人が自覚している=思い込んでいる、というのもあります。そしてその思い込み・固定観念が、その現実を引き寄せる、その通りになる、ということなのです。

仕事でミスをするかも、と思ったり・不安を感じたら・・・予想したら・思い込んだら、その通りになったりします。
今日はツイてないなぁ、なんて思ったら本当にそうなったりします。

ガイド案内

お金に不自由しない人は、裕福だ、いつでも必要な分(またはそれ以上に)お金が入ってくる、思いがけない入金もある、自由に使えるお金がある、と思い込んでいます。固定観念がそうなっています。

そして、その通りの人生を送ります。

自分は不幸だとか、ツイていないとか、運がないとか・・・(言っている人は)思い込んでいる人は、その通りの人生を送ります。

人生を変えるには、運命を変えるには、これまでと違う人生にするには・・・
欲しいものがあるなら、願いごとがあるなら、夢を実現したいなら・・・
思い込み・固定観念を上書きする必要があります。

最重要POINT


ガイド案内

潜在意識=思い込み・固定観念

思い込み・固定観念から、感情・気分が生まれます。

同じ出来事・場面=現実に出会っても、人によって気分・感情が違います。それは思い込み・固定観念が違うからです。

感情・気分が波動=磁力を発生させます。
ワクワクしていれば、遠足前夜気分であれば、
ワクワクするようなことがやってきます(引き寄せられます)!
まさに、そんな人生を創造してしまう、ということです。

もし、あなたの思い込みや固定観念が(これまで人生経験から形づくられた潜在意識が)、どうも自分の期待しているものと違う、ということなら・・・
もし、違う人生を選択してみたいということなら・・・
かなえたい夢や願いごとがたくさんあるなら・・・まだまだ欲しいものがたくさんあるなら・・・

思い込み・固定観念を書き換えて(上書きして)、
毎日毎日、毎瞬毎瞬をワクワク・遠足前夜気分になれるように意識を・エネルギーを向けてみてくだい。

夢実現の専門店・e夢かなうドットコムは、ワクワク・遠足前夜気分になるためのツール・きっかけとなるツールを用意してありますが、最終的には人生を創造するためのツールです。幸せな人生にするためのツールです。使い倒していただけたら嬉しい限りです。

ワクワク・遠足前夜気分のためのツールが、夢実現預金通帳です。

1日中、毎日毎日、毎瞬毎瞬、ワクワク・遠足前夜気分でいることができたら・・・仮にできなくてもその瞬間瞬間が少しずつでも増えていってくれたら・・・少なくとも、過去・今の延長線上の人生になることはありませんね。

ガイド案内

そのためのツールが、夢実現預金通帳です。さらに、気分よく感情をともなってのイメージトレーニングができるように具体的なノウハウ=電気信号イメージング(5日間でマスターできます)もセットにしてご案内しています。

一度きりの人生、今が本番の人生、リハーサルなしの人生、主役兼監督兼脚本家兼演出家であるあなたの人生を創造するためのツールです。

夢実現預金通帳

書きぐせのためのツールが夢実現日記シリーズです

夢実現日記について詳しくはこちらをご参照ください。

夢実現日記

ページの先頭へ