思考をコントロールして潜在意識・思い込み・固定観念を上書きするのがイメージング、思考を鎮めることで潜在意識とつながるための手法が瞑想です!

ガイド案内

思考は暴走します。次から次へと思考がわいてくるのが普通の人間です。
毎日5万~6万回もの思考が繰り返されているそうです。毎日約15万回だという説もあります。

しかも、普通の人は、思考のうちの約90%以上が前日と同じ内容のことを考えているらしいです。
・・・だから、前日と同じような人生を創造してしまうということにつながっているのかも知れません。

瞑想・座禅・黙想・・・心を鎮める方法はたくさんありますが、普通はすぐに雑念がわいてきます。次から次へと何かしら雑念が浮かんでくるのがごく普通の人です。

当ページでは、世界に一つだけのあなた専用(オリジナル)の「乗り物」で深い潜在意識に到達しようとするノウハウをご案内しています。ぜひ一度、お試しください。

世の中には瞑想のやり方において、たくさんの種類があります。そもそも瞑想とは=何も考えない状態のことをいいます!

ガイド案内

瞑想が難しく感じてしまうのは、何も考えない=思考を黙らせる、という状態が上手くいっている状態だからです。自分で判断ができないのです。
上手く行っている時は、思考が停止しているわけですから、自分の思考で上手くいってる・雑念がわいている=上手くできていない、という判断そのものができない状態だからです。

結果として、ふと意識が戻って時間をみたら20分経過していた、というようなことでしか上手く瞑想できた・できないを判断するしかないのです。
ですから、逆に「どうせ結果でしか自分では判断できないんだ」と気楽に瞑想にチャレンジ・トライされることを意識してみてください。

瞑想には数を数えたり、呼吸に意識を向けたり、特定のマントラ(言葉)を唱えたり、最初だけマントラを唱えてあとは自然に任せたり・・・いろんなやり方があります。

  • 1(いち)で息を吸って、2(に)で吐いて、1、2、1、2・・・と数を数える方法
  • 息を吸って、吐いて、吸って、吐いて・・・と自分で心の中で「吸って、吐いて」と繰り返しながら心を鎮める方法
  • オーム、というマントラを心の中で唱えるやり方
  • 自分だけのマントラを先生(師匠・マスター)に教えてもらってそれを唱えて瞑想する方法
  • マントラをずっと繰り返す方法
  • マントラを最初1回だけ唱えて、あとは自然体で心を鎮める方法
  • 歩きながら、あるいは何かしながらその動作に意識を向け続ける方法
  • ・・・・・

※オームとは宇宙が誕生した時の音だとも言われたりしています。もちろん他の説もあります。

OM瞑想は、あなただけの言葉(マントラ)を自分でつくって(決めて)それを使って瞑想するやり方です。
自分でつくりますから、あなた専用の言葉、世界に一つだけの言葉になります。

(もちろん誰かと偶然の一致はあるかも知れませんが)

瞑想とは心を鎮めること。心を鎮めることで、深い意識(潜在意識)に到達すること!

人の心の状態をよく海にたとえたりします。海面が心の表面で、いつもざわついている状態=思考が荒れ狂っている状態です。そして海の奥深くが思考が鎮まっている状態で、海の底が潜在意識という考え方です。

ぜひイメージとしてとらえておいてください。

瞑想は、深い意識に到達すること!

まさに心を鎮めて、深い深い意識(潜在意識)に到達することそのものです。

潜在意識

しかし、普通の人は(心を鎮めようとすると)すぐに雑念がわいてきます!

ガイド案内

ためしに、ゆったりとイスに腰かけたりして目を閉じて何も考えないようにしてみてください。

たぶん、次から次へと思考=ここでは雑念がわいてきて、何も考えないようにすることがいかに難しいか、わかると思います。

外を走る車の音が聞こえて来たり(うるさいなぁとか)、明日は何をしようかとか、そうだ!あれもしなきゃいけなかったんだとか・・・思考が勝手に走り回ってくれるはずです。

潜在意識

海の奥深いところまで連れて行ってくれるのが・・・あなた専用の乗り物!

あなたは、その乗り物に乗り続けるだけです。思考が暴走し始めたら、雑念がわいてきたら・・・乗り物に意識を向けてください。ただ、それだけです!

潜在意識

あなた専用の乗り物=言葉(マントラ)! オリジナルの言葉の使い方

ガイド案内

息を吸って、吐いて、吸って、吐いて・・・という時に、その乗り物=言葉を唱えます(ずっと繰り返します)
ただ、それだけです。

※本当は、吐いて・吸って、吐いて・吸って・・・の繰り返しですが・・・吐くのが先です。でも、あまり気にしなくてもいいと思います。

ガイド案内

ひたすら、○○○、○○○、○○○、○○○、○○○・・・と繰り返すだけです。

ガイド案内

途中で、ピーポー・ピーポーと聞こえても「あっ、救急車が走っている。誰か事故ったのだろうか?」とか雑念がわいてきても、意識を乗り物に向けます。

○○○、○○○、○○○、○○○・・・と繰り返すことに意識を戻します。

お腹がグゥと鳴っても、何か心配ごとが浮かんできても、明日の仕事のことが思い出されても・・・○○○、○○○、○○○・・・と意識を戻すだけでOKです。

ガイド案内

そのうち、あれ自分は眠っていたのだろうか? というくらいに(後から)感じることがあります。そうなったら、瞑想が上手くいったんだ!と喜んでください。

今日、上手く行ったから、明日も、これからもずっと毎回毎回上手く行くよね、とはなりません。そう思っていてください。
そうしておかないと挫折します。ただ、あなた専用の乗り物である○○○に意識を向け続けるだけ!です。

ガイド案内

時間的には、15分~20分~30分がお薦めです。1日2回がお薦めです。

瞑想が上手くいった時には時間の感覚がなくなりますから、タイマーを設定しておくのも、ありです。

ガイド案内

時間管理にアプリを活用する手もあります。
1.スマホに最初からついてるタイマー
2.瞑想用のタイマーアプリ
3.キッチン用タイマーアプリなどかあります。

私は、座禅用の雲堂(うんどう・undo)という無料アプリを利用しています。

いかにも座禅を組んでいる、瞑想をしているという感覚になれます。

あなた専用の乗り物=言葉のつくり方ルール・・・OM瞑想のためのツール!

ガイド案内

注意点・決まりごと(お薦めごと)について

1.○○○・・・カタカナ3文字でつくります。
2.最後の文字は、「ン」または「(鼻に抜ける感じの)ム()」でつくります。
3.意味のない言葉にします。
4.たとえば、カタカナ3文字で、最後が「ン」だから・・・「ゴハン」にしようというのはお薦めしません
ゴハンと繰り返す時に、昼ご飯のことや昨日食べた晩ご飯のことを思い出してしまうかも知れないからです。自分にとって意味のない言葉にしてください。
5.2文字目と3文字目の間は、伸ばしても普通に唱えてもOK!
○○ーン、でも、○○ン、でもどちらでも構いません。お好きな方・言いやすい方でどうぞ。

それでは、あなた専用の乗り物をつくっていくことにします。

あなた専用の乗り物=言葉のつくり方(実践編)

ガイド案内

もし、あなたがすでに夢実現預金通帳に最大の夢を記入済みだったり、(電気信号イメージングでリストアップした)夢・願いごと・欲しいものリストを作成しているならば、それを用意してみてください。

まだそんな段階ではない、という人はそれでも構いません。

あなたのかなえたい最大の夢を1つ取り上げます!

サンプル的に、“ 平成20年○月までに ハワイで(日本人向けの)宿泊施設を運営する ”という夢を取り上げてみましょう。

ガイド案内

ここから3つのキーワードを拾います。一人称である「私は(わたしは)」というのを入れても構いません。私(わたし)ハワイ宿泊施設という3つを取り上げてみます。

もちろん、これ以外の3つを選んでも構いません。自由に選択してください。これでないとダメという決まりはありません。
肩の力を抜いて取り組んでみてください。

もし、実際に「乗り物=言葉」を使ってみて自分で気に入らないとなったら、違うキーワードに変えることもできます。

わたしはハワイしゅくはくしせつ
この3つの中から一つをン(またはム)に変更します。
ハ、シ、ンにするか
ワ、シ、ンワ、ハ、ン
ハシン にするか
シハン にするか
ワシン にするか
シワン にするか
ワハン にするか
ハワン にするか


ガイド案内

いかがですか? 候補がいくつか上がりました。人によっては熟語などに特別な思いがあるかも知れません。個人での判断で構いませんが、乗り物がもし、何らかの雑念につながりそうだと感じたら選択するのを止めることをお薦めします。

たとえば、シハンだと・・・市販(師範)というイメージーにつながるかも知れません。

今の自分にいちばん「しっくり」とくる言葉を選択してみてください。
もちろん、先ほどのケーススタディで違うキーワードを選択しても構いません。

別のアプローチで考えてみる!

ハワイ、宿泊施設=コテージ、(私はを省いて)成功というキーワードの3つを選択しても構いません。
1.ハワイ・・・ハ
2.宿泊施設・・・コテージ・・・コ
3.成功・・・セ(またはサクセスのサ)の3つから考えてみましょう。

セ(サ)
ハコセ(ハコサ)
ハセコ(ハサコ)
コハセ(コハサ)
コセハ(コサハ)
セコハ(サコハ)
セハコ(サハコ)
3文字目をン(またはムに変える)
ハコン  ハセン
コハン  コセンセコン  セハン
サコン  サハン

何となくイメージがわきましたか? 選択するキーワードの組み合わせに正解はありません。その時々のあなたにとっていちばん居心地の良い「乗り物」を選んでください。

違うケーススタディ・柔軟に考えてみる!

ガイド案内

もし、出会い、結婚、幸せがキーワードだったら・・・

出会いのデ ・・・濁音を外して「テ」
結婚・・・ケ
幸せ・・・シ(または幸福のコ)で考えます。一つをンに変更です。

ガイド案内

ビジネス、成功、富がキーワードだったら・・・

ビジネス・・・ヒ
成功・・・セ(またはサクセスのサ)
富・・・ト で考えてみましょう。もちろん一つをンに変更します。

いかがですか? いくらでもあなた専用・オリジナルの言葉=乗り物=マントラをつくることができます。
いちばん、しっくりとあなたが感じる言葉を選択してください。

オリジナルメディテーション・OM瞑想のやり方

ガイド案内

1.イスに自然に腰かけるか、または床(たたみ)に足を組んで座ります。ヨガのポーズであるような結跏趺坐(けっかふざ)とか、半跏趺坐(はんかふざ)ができない方は、胡坐(あぐら)などでも大丈夫です。

2.完全に目を閉じるか、半眼(ほんの少しだけ目を開けた状態)で心を落ち着けます。半眼だと余計な刺激が入ってきますから初心者は完全に目を閉じることをお薦めします。

3.もしタイマーを設定するなら(アプリ・雲堂など)15分~20分~30分くらいでやってみてください。(最初は短めでも構いません)

4.息を吐いて、吸って、吐いて、吸ってと呼吸を整えながら心を落ち着かせます。

5.3文字の言葉=乗り物をゆっくりと繰り返します。

6.心がどこかにさまよっても、雑念がわいてきても・・・乗り物に帰ります。

7.どんなに雑念がわいてきても、追い掛けません。流れるままに任せます。

8.時間がきたら、意識を呼吸に戻します。吐いて、吸って、吐いて、吸って・・・目は閉じたままです。

9.目を閉じたままで、顔や手足をさすったりして意識を(現実世界に)戻します。

10.通常の生活・仕草・動作に戻ります。

お疲れさまでした。

乗り物=オリジナルの言葉は、潜在意識だけが真の意味を知っている?!

ガイド案内

あなたが、瞑想の間ずっと乗り物を唱えます。たとえば、ハセンと唱えたとします。

たとえ、あなたの意識がその意味を忘れてしまったとしても・・・あなたの潜在意識は覚えていてくれます。
それが、ハワイでコテージを運営して成功する、というあなたの夢・願いごとから導き出されたキーワード=乗り物だということを潜在意識は理解してくれています。

繰り返すことで、お百度参りや自己暗示・アファメーションのようにあなたの潜在意識に、ますます刻みつけられることになります。

安心して・信頼して瞑想を続けてみてください。

OM瞑想法(PDFファイル)のプレゼント!

OM瞑想についてPDFファイル化したものをプレゼントさせていただきます。ご自由にダウンロードいただけます。

OM瞑想法
OM瞑想法(PDFファイル)ダウンロード

ページの先頭へ