ゴールシーン・人生のシナリオを作成します。それを電気信号を使ってのイメージングで潜在意識に刻みつけてください!

ガイド案内

もちろん、イメージングする時には・・・ワクワク・遠足前夜気分になれるようにしてください。

e夢かなうドットコムにはそのためのツールがたくさん用意されています。夢実現預金通帳を眺める時も、個別に記載した欲しいものや行ってみたい場所などをイメージする時には、電気信号を使ってくださいね。

つまり、電気信号というテクニックでイメージングするというのがいちばんの狙いです。まさに五感で感情・気分を味わうイメージングです。
ここ(当ページ)ではイメージするゴールシーンや成功後の自分の人生をイメージするためのシナリオを作成します。

サイトトップページでも無料プレゼントさせていただきましたが、(あなたの夢がかなった後の)人生のシナリオのサンプルです。最終的には自分用に添削・加筆して、あなただけのゴールシーン・人生のシナリオを作成してみてください。

⇒ 人生のシナリオ(textファイル)

人生のシナリオは、スマホやICレコーダーに自分の声で録音してスキマ時間に聴く(自己暗示・アファメーション)という手もあります。


ガイド案内

この人生のシナリオを使って、ワクワクする時は・・・こんな使い方もあります。

シナリオの中の一部分を切り出して、そのシーンをイメージするというやり方です。
一日中、ワクワク遠足気分でいられたらいちばんですが・・・不可能ですから、少しでも自分の人生創造のためにワクワク遠足前夜気分に浸るということを意識してください。

イメージング

それでは、ゴールシーンのシナリオを作成していくことにしましょう!

まずはゴールシーンイメージングの前に、ゴールシーンの間違いについて!

ガイド案内

あなたの夢・目標が実現したシーンをイメージしてください、と言われたら・・・
(たとえば)あなたの夢が、ある競技で1位になる(優勝する)ことだとします。そのシーンを思い描いてくださいと言われたら、どんなシーンをイメージしますか?

ひょっとしたら・・・下のようなシーンを思い描こうとしてはいませんか?

※ただし、前提は夢をかなえるためのイメージングの場合です。ただ単純にゴールシーンを絵に描いてください、という図画工作の試験問題的な話ではありませんよ。

ゴールシーンイメージ画像
これだと実は、ダメなんです!

ゴールシーンイメージ画像
繰り返しますね。このシーンをイメージしようとしたら、ダメ!です。なぜなら・・・

ガイド案内

ゴールシーンという一瞬の、まさに瞬間的なシーンの気持ち・感情を感じることができますか? ということです。

よくアスリートの人たちのインタビューでありませんか、後から、実感がわく・わいてきた、というコメントです。
苦しかったハードな練習や周囲の人たちへの感謝の気持ち、また応援してくださった人たちへの感謝の気持ち・・・などがこみあげてくるのは、表彰台の上であったり、その後の慰労会・祝賀会などでの自分の挨拶の時だったりするのが普通です。

感情・気分を伴ったイメージングは、そういった時の自分をイメージする、ということをぜひ意識しておいてください。

ガイド案内

それともう一つ・・・まさにゴールフープを切る瞬間をゴールシーンとしてイメージしようとすると、困ったことに第三者的な目線で思い描こうとしてしまうのです。つまり、観客席からの目線です。

ドラマの1シーンを見るように思い描こうとすると・・・どうして視聴者目線です。主人公の気持ち・感情は他人ゴトです。

ぜひ、自分の感情・気分を伴ってのイメージングのために、イメージするゴールシーンというのを少しズラしてください。
下図のような感じです。もちろん、どのタイミングを自分なりのゴールシーンとするかは自由に決めてください。

ゴールシーンイメージ画像


ゴールシーンイメージ画像ゴールシーンイメージ画像ゴールシーンイメージ画像
視聴者・観客が主人公をドラマの1シーンとして見るようなイメージングではなく、自分が周囲の世界を見て、そこでいろんなコトを感じてください。たくさんの観客に自分が感動したり、感謝の気持ちがわいてくるように、感じてください。気分よくなってください。

甲子園での優勝が夢なら、スタンドから選手を見るようなシーンではなく、自分がグランドにいて感動したことを体感しているようにイメージングするのです。
あなた自身が、あなたという着ぐるみの中に入って、そこから周囲を見ているような感覚で、暖かさや寒さを感じたり、風や匂いを感じたり、感激したり、感謝したり、気分良くなったり・・・を五感で感じてください。
※そのためのやり方が電気信号を感じるやり方です。
⇒ 電気信号イメージング
祝賀会などでしみじみと感謝の気持ちやお礼の気持ちなどを感じるというのもゴールシーンとしては、ありです。そこからまた、次なるシーンにつなげていくこともできます。
こういったシーンでは、黒板メソッドというのも使えます。黒板メソッドは自己暗示的自己紹介としてのアファメーション、思い込み・固定観念強化にも使える方法です。
⇒ 黒板メソッド(会員さまTOPページ)

お待たせいたしました。いよいよゴールシーンのシナリオを作成していきたいと思います。
そしてゴールシーンイメージングを実践して体験することになります。

ゴールシーンシナリオづくり

ガイド案内

ゴールシーンのシナリオづくりからスタートしますが、同時に電気信号を使ってのイメージングも入ってきます。その電気信号を使ってのゴールシーンイメージングの実践です。それが、まさに潜在意識イメージングの完成までここで実践します。

ぜひ5日間の電気信号を感じるやり方をマスターしておいてください。もちろん同時に進めても構いません。

ポイントは、限りなくゼロに近いレベルの力(ちから)加減=電気信号、です。

あなたが実現したい夢=ゴールシーン1、あなたが行きたい憧れの場所=ゴールシーン2、あなたがかなえたい目標=ゴールシーン3、あなたが手に入れたい欲しいもの=ゴールシーン4・・・それが積み重なったもの、あるいはその後に待っている(思い描いている)人生が・・・人生のシナリオです。

ゴールシーン1+ゴールシーン2+ゴールシーン3・・・=人生のシナリオ

今一度、サンプルとしての人生のシナリオを確認しておいてください。

※一部のスマホではテキストファイルを閲覧できません。無料アプリ等をお使いください。

この人生のシナリオを実際に体験するために、その第一歩、スタートとしての成功させたいシーンが、これからあなたが決める(作成する)ゴールシーンのシナリオです。
最初から完全形を目指さないでください。少しずつ進化・変化させていけばいのです。バージョンアップしていくことが大切です。

つまり、ワクワク遠足前夜気分も変化・進化させていく、ということです。

ゴールシーン・シナリオのつくり方(PDFファイル)・・・まず最終形を見てください

ここでは、サンプルとして『 待望のフラワーショップをオープン 』させることにこぎつけた人の開店日をイメージしたシナリオづくりを取り上げました。量的には結構なボリュームになります。
それで、ここへ記載するのではなくPDFファイルにしてあります。良かったら見てください。

このフラワーショップの例を参考に自分だけの(まず最初の)ゴールシーンを設定してください。

⇒ フラワーショップ夢実現のシーン(オープン直前の感激シーンをイメージング)

参考・添削用にフラワーショップのゴールシーンのシナリオをテキストファイルにしたものを用意いたしました。自由に添削したり、加筆・修正したりして世界に一つだけの自分オリジナルのゴールシーンをつくってみてください。

⇒ 完成形のゴールシーン・シナリオ


ガイド案内

実は、このゴールシーンのシナリオは、ゴールシーンイメージングをしながら、感情・気分を味わえるようなシナリオにしてあります。最終的には音源化するところまでが狙いです。
もちろん音源化する・しないは自由です。

サンプル1・ゴールシーンの作成

では、実際にフラワーショップのオープン直前をゴールシーンに設定してシナリオを作成してみます。特別に作家としての才能とか、上手く書けるだろうかというようなことは気にしないでください。

まずは、ゴールシーンを脚本家・演出家のように自分なりのイメージでの場面で描いていきます。
次にあるような感じですが・・・もちろん正解ではありませんし、あなたなら、こうする、というのを自由に設定してください。

また、どんどん進化させていってください。創造とはそういうものだ、と割り切ることも大事です。最初から完璧なもの、効果が100%現れるような魔法のゴールシーンをつくるぞ、というような思いがあると踏み出せません。どうぞ気楽に想像しながら創造していきましょう。

【ケーススタディ・夢のフラワーショップの開店】

前提として次のように設定します。
⇒ オープン前にスタッフ全員を集めて朝礼・挨拶をしたいけど、その前に自分で最終的に店を確認しながら、幸福感・満足感にひたっている自分、をイメージする。それがゴールシーンだとします。

もちろん、あなたなら(たとえば)お客さまの要望を聞いてお薦めの花を選んであげているシーンとそれをバスケットに(気分よく)アレンジメントしているシーン、というようなものでも構わないのです。自由に思い描いてみましょう。

まずは、あなた自身が「書いてみる」ことがいちばん大切です。

真っ白なイメージカラーにパステル色を配置したファサード部分(お店の正面部分)がまぶしい。
ヨーロッパをイメージしたテラス風の屋根飾りがお気に入りだ。

最初にこの場所を選んだ時の興奮が思い出される。
それから私はイメージングの力で今このお店をオープンすることができたのだ。

本当にありがたい。

たくさんお友だちやいろんな会社からたくさんの花が届いている。置く場所に困るくらいだ。
思わず、(私のところは)フラワーショップなのに、と微笑んでしまう。

感謝・感謝である。本当にうれしい。

店内に入ってみる。
テーマごとのスペースに和洋たくさんの花を配置できているのがうれしい。
新しい冷蔵ケースもまぶしい。たくさんの花が笑顔でいてくれているような感じがする。

作業場も接客用のカウンター・会計のところもお気に入りの道具でいっぱいだ。

待機してくれているスタッフもみんな明るくて素晴らしい人材ばかりだ。
笑顔いっぱいでオープンの時を待っている。

さあ、私の新しい人生がいよいよ始まるのだ。
感激で胸がいっぱいだ。

私はたくさんの人に笑顔を届けたい。
大好きなたくさんの花に囲まれて本当に幸せだ。

私の人生は素晴らしい。
ありがとう。

ありがとうございます。


それじゃあ、わくわくいっぱいでスタッフのみんなに(最初の)挨拶をしよう!

こんな感じにゴールシーンを作成(設定)してみました。繰り返しますが正解ではありません。自分なりのシーンを自由に思い描いてください。

サンプル2・ゴールシーンの添削(POINT)

この作成したシーンに、自分なりのポイントを加えて(書き込んで)いきます。こんな感じです。

真っ白なイメージカラーにパステル色を配置したファサード部分(お店の正面部分)がまぶしい。
ヨーロッパをイメージしたテラス風の屋根飾りがお気に入りだ。
(正面に立っている自分の場所はどこ、天候は、お日様は、風は、香り・匂いは)

最初にこの場所を選んだ時の興奮が思い出される。
それから私はイメージングの力で今このお店をオープンすることができたのだ。
(思い出して微笑んでいる自分のポーズは、わき上がる感情は、今自分はどんな服装・スタイル・様子なの?)

本当にありがたい。
(感謝の気持ちを感じる)

たくさんお友だちやいろんな会社からたくさんのお祝い用の花が届いている。置く場所に困るくらいだ。
思わず、(私のところは)フラワーショップなのに、と微笑んでしまう。
(左右を見渡す。数えてみる。一つの観葉植物に触れてみる。感触・肌触りは?)

感謝・感謝である。本当にうれしい。
(うれしさの極地に身震いしてしまう感覚かな)

店内に入ってみる。
(入口からの広さは? 照明は? 店全体の香り・匂いは?)

テーマごとのスペースに和洋たくさんの花を配置できているのがうれしい。
新しい冷蔵ケースもまぶしい。たくさんの花が笑顔でいてくれているような感じがする。
(見回してみる。右に左に視線を送る。奥の方、手前の方。花の匂いはどんな感じ?
冷蔵ケースに触ってみる。心地よい冷たさを感じる。花たちが笑顔で挨拶してくれている・話しかけてくれている感じ)


作業場も接客用のカウンター・会計のところもお気に入りの道具でいっぱいだ。
(手で触ってみる。木の感触がたまらなくいい。木の香りは? 光り具合は?)

待機してくれているスタッフもみんな明るくて素晴らしい人材ばかりだ。
笑顔いっぱいでオープンの時を待っている。
(一人ひとりの笑顔が思い浮かぶ。BGMが流れ始める)

さあ、私の新しい人生がいよいよ始まるのだ。
感激で胸がいっぱいだ。
(顔の表情がさらに輝く。顔をあげてみる)

私はたくさんの人に笑顔を届けたい。
大好きなたくさんの花に囲まれて本当に幸せだ。
(笑顔になれている自分の顔がわかる)

私の人生は素晴らしい。
ありがとう。
ありがとうございます。
(次から次へと感謝の気持ちを感じる。波が押し寄せるような感じだ。声には出さないけど実際に口にしてみる)

それじゃあ、わくわくいっぱいで、スタッフのみんなに(最初の)挨拶をしよう!
(自分自身の身体が身震いする感覚。よし、と両手をたたいてみる)

ここまで、あくまでも私のとらえ方です。こだわることなく自分の(夢が実現した・願いごとが実現した・目標が達成した・欲しいものを取得できた時の)場合に当てはめて、自由に描いてください。

さあ、次のステップは、これに感情をおぼえるやり方でイメージングを実践していきます。
今一度、限りなくゼロに近いレベルの力加減を思い出してください。実践する時はウォームアップされることを(強く)お薦めします。

※ウォームアップについては、電気信号イメージングを参照ください。

サンプル3・ゴールシーンの完成=ゴールシーンイメージングの実践です!

ガイド案内

さあ、いよいよゴールシーンをイメージングしてみましょう。感情を呼び起こすようにしてあります。

少しずつ読み進めながら、つど目を閉じてイメージングしてください。
もちろん、自分なりの感情の感じ方で構いません。正解はありません、でしたね。

ポイントは、限りなくゼロに近いレベルの力加減=電気信号で(頭の中から、脳から、心の中で)動作の指示を出して、五感で感じるようにしてください。
※実際には手や身体の各部位は動かさないけど、動かしたように意識する、そして感じたように意識するということです。

さあ、ゴールシーン・イメージングの実践です。

真っ白なイメージカラーにパステル色を配置したファサード部分(お店の正面部分)がまぶしい。
ヨーロッパをイメージしたテラス風の屋根飾りがお気に入りだ。
(正面に立っている自分の場所はどこ、天候は、お日様は、風は、香り・匂いは)

(目を閉じて)店の入口から離れたところに立っていて周囲を見渡すように(頭の中で、限りなくゼロに近いレベルの力加減で)顔を動かす。(実際には動かさない)
耳に意識を向ける。限りなくゼロに近いレベルの力加減で耳からの刺激を感じてみる。大通りに面した街中なのに静かなスポットになっているのがわかる。目を、顔を、視線を上方に向ける。真っ青な、透き通るような青空がまぶしい。思わず目を細めてしまう。(実際には動かさない。限りなくゼロに近いレベルの力加減でまぶたを感じるようにする)
お日様の光がやわらかい。顔にあたる太陽光線も祝福してくれているかのように心地よい。
(限りなくゼロに近いレベルの力加減でひたい・頬を感じる)

心地よい風のおかげで、自分の髪が頬を軽くなでているのがわかる。限りなくゼロに近いレベルの力加減での刺激が返ってくる。思わず(限りなくゼロに近いレベルの力加減で)髪の毛をかきあげてみる。
実際には手は動かしていないけど、髪の感触、顔の肌触りを右手に(または左手に)感じることができている。

意識を鼻のあたまに向けてみる。遠くに匂いを感じる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で鼻に意識を向けると鼻腔の奥で花いっぱいからの香りを感じることができる。



最初にこの場所を選んだ時の興奮が思い出される。
それから私はイメージングの力で今このお店をオープンすることができたのだ。
(思い出して微笑んでいる自分のポーズは、わき上がる感情は、今自分はどんな服装・スタイル・様子なの?)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルの力加減で、両手を両肘に当てている自分をイメージする。右手が左ひじに、左手が右ひじをつかんでいる感覚。腕組みのような感じだ。服の肌触りを感じることができている。何となくだけど、ワクワク感を感じることができているような気がする。

感じられなくても大丈夫なのだ。私はいつでもこのシーンに来ることができるのだから。

お気に入りの勝負服だ。上から下までのフィット感を感じる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で意識を肩、胸、腰、太もも、そして足先と移すと気が引き締まる感じがしてくる。
それを感じることができている。

思わず口元が緩む。にっこりと自然と、微笑んでいる自分がいる。口元からの刺激を限りなくゼロに近いレベルの力加減で感じることができる。



本当にありがたい。
(感謝の気持ちを感じる)

(目を閉じて)ウォームアップの後半でやるワークで感じる、あの幸福感・満足感・充実感を感じてみる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で、感謝の気持ちが、何となく感じられる。
感じることができなくても、焦る必要はない。
やがて、気球いっぱいに膨らむくらいの感謝の気持ちを感じることができるようになるだろう。



たくさんお友だちやいろんな会社からたくさんのお祝い用の花が届いている。置く場所に困るくらいだ。
思わず、(私のところは)フラワーショップなのに、と微笑んでしまう。
(左右を見渡す。数えてみる。一つの観葉植物に触れてみる。感触・肌触りは?)

(目を閉じたままで)店の端から端まで、視線を流してみる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で、実際には動かすことなく、視線を左右に何度も動かしてみる。

これも、あれも、こっちもと、いただいた贈答用のスタンドを数えてみる。意識の中で数える。
少しだけ背の高いスタンドの観葉植物に触れてみる。(限りなくゼロに近いレベルの力加減で触ることを意識する)
木肌の感触は? ザラザラしてる? でも好きだ。
葉っぱの感触は? 肉厚でロウソクのロウを塗ったような感覚だ。
両手の感覚が、何となく感じることができたような気がする。

限りなくゼロに近いレベルの力加減でつぶやいてみる。

「フラワーショップなのに、ね」

思わず、限りなくゼロに近いレベルの力加減で微笑んでしまう。苦笑に近い感じだ。



感謝・感謝である。本当にうれしい。
(うれしさの極地に身震いしてしまう感覚かな)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルの力加減で両手が震えている感覚を感じる。うれしさに手が震えている。心地よい手の震えを感じることができた。そして、その震えが余韻を楽しむかのように少しずつ消えていくのもわかる。震えがゼロになった。


店内に入ってみる。
(入口からの広さは? 照明は? 店全体の香り・匂いは?)

(目を閉じたまま)限りなくゼロに近いレベルの力加減で、足を動かす。(実際には動かさない)
一歩、また一歩と店内に歩を進める。響く足音が気持ちいい。意識を耳に向けてみる。
コツン・コツン・・・心地よい足音の響きを感じる。

実際には動かすことなく、限りなくゼロに近いレベルの力加減で、天井を見る。お洒落な照明がちょうどいい光り具合を投げかけてくれている。その柔らかな光に匂いがついているような錯覚におちいってしまう。光のシャワーと花からの店全体の香りが、一つの空間をつくりあげているようだ。
本当に気持ちいい。

思わず、限りなくゼロに近いレベルの力加減で口を動かして「このお店で良かった」とつぶやいてみた。うれしくなってしまう。(実際には口は動かさない)



テーマごとのスペースに和洋たくさんの花を配置できているのがうれしい。
新しい冷蔵ケースもまぶしい。たくさんの花が笑顔でいてくれているような感じがする。
(見回してみる。右に左に視線を送る。奥の方、手前の方。花の匂いはどんな感じ?
冷蔵ケースに触ってみる。心地よい冷たさを感じる。花たちが笑顔で挨拶してくれている・話しかけてくれている感じ)


(目を閉じて)実際には動かすことなく、限りなくゼロに近いレベルの力加減で、店のあちこちに顔と視線を向ける。ぐる~っと見渡してみる。
それぞれのスペースで、違った空間ができているみたいな気がする。
ほんと、それぞれの花たちの個性だと思う。

限りなくゼロに近いレベルの力加減で、右手を冷蔵ケースに触れてみる。
「(少し)冷たッ!」と感じる。右手から刺激が返ってくる。

窓から外の景色をみるように、ケースの中をのぞき込む。
(限りなくゼロに近いレベルの力加減で顔を少しだけ、下の方に傾けて視線を送る)
(実際には動かさない)

何となく、花たちと目が・視線が合ったような気がする。
ニッコリしている感じがする。

思わず自分も(限りなくゼロに近いレベルの力加減で)ニッコリする。ニッコリした顔を感じることができる。



作業場も接客用のカウンター・会計のところもお気に入りの道具でいっぱいだ。
(手で触ってみる。木の感触がたまらなくいい。木の香りは? 光り具合は?)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルの力加減で、利き手をカウンターの上にすべらせみる。感触が(何となく)わかる。(実際には動かさない。頭の中だけで、心の中だけで)
カウンターの端から端まで、視線を動かす。(実際には動かさない)
視線を動かすたびに、思わず微笑んでしまう自分がいる。微笑んだ顔を(限りなくゼロに近いレベルの力加減で)感じる。

歩きながら(実際には動かない。意識の中で、限りなくゼロに近いレベルの力加減で足を動かすようにする)作業場、接客用のカウンターと触れ回ってみる。ずっと利き手に意識を向けたままで。

さーっ、と撫でる感触を感じる。思わず木の香りを嗅いでみる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で鼻に意識を向けてみる。花と同じように大好きな木の香りが、鼻を刺激してくれる。

「う~ん、いい香り」と思わず頭の中で言ってみる。
しばらく、香りを楽しんでいたい気分だ。満足感・充実感を感じるようにする。感じることができている感じだ。

もう一度、調度品に視線を向ける。やわらかな光り具合が何とも言えない。もう一度、満足感・充実感を感じることができている。



待機してくれているスタッフもみんな明るくて素晴らしい人材ばかりだ。
笑顔いっぱいでオープンの時を待っている。
(一人ひとりの笑顔が思い浮かぶ。BGMが流れ始める)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルの力加減で顔をいろんな方向に向けてみる。(実際には動かさない)Aさん、Bさん、Cさん・・・と順に顔を見合わせる。相手がそれぞれニッコリ微笑むので、自分もそのつど、ニッコリする。限りなくゼロに近いレベルの力加減で顔がニッコリするのがわかる。

ふとBGMがスタートするのが聞こえる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で、耳に意識を向けてみる。これもお気に入りのアーティストの音楽アルバム○○だ。(○○はアルバム名や曲名)



さあ、私の新しい人生がいよいよ始まるのだ。
感激で胸がいっぱいだ。
(顔の表情がさらに輝く。顔をあげてみる)

(目を閉じて)実際には口に出さないけど、限りなくゼロに近いレベルの力加減で「さあ、私の新しい人生がいよいよ始まる」と言ってみる。
何となく、胸がキュ~ンとしてくる感覚がある。感激を感じるとはこういうことなのだろうか。

みんなの方を向いて、(もう一度)微笑んでみる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で(意識の中で)、微笑んでみる。顔の筋肉が、口元が、反応したのがわかる。



私はたくさんの人に笑顔を届けたい。
大好きなたくさんの花に囲まれて本当に幸せだ。
(笑顔になれている自分の顔がわかる)

(目を閉じたままで)限りなくゼロに近いレベルの力加減で、自分が笑顔になっているのを感じることができる。どんどん、どんどん、笑顔が強いものに、輝くものになっているようだ。
もう一度、店の中全体を見回してみる。(実際には、顔は動かさないけど、限りなくゼロに近いレベルの力加減で顔を、ぐるーっと見渡すように動かす)

あの花も、この花も、向こうの花も、あそこにアレンジした花も・・・みんな輝いている。
花も笑顔になっている気がする。

また(再度)、(限りなくゼロに近いレベルの力加減で)自分の笑顔を確認できた。



私の人生は素晴らしい。
ありがとう。
ありがとうございます。
(次から次へと感謝の気持ちを感じる。波が押し寄せるような感じだ。声には出さないけど実際に口にしてみる)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルの力加減で、口を動かすことなく、「私の人生は素晴らしい」「ありがとう」「ありがとうございます」と言ってみる。

限りなくゼロに近いレベルの力加減で、幸福感・「幸せだなぁ~」感を感じる。
グー・パーのウォームアップで感じるあの幸福感を思い出してしまう。いや、それよりもずっと強い幸福感・「幸せだなぁ~」感を感じているような気がする。
それが次から次へとやってきてくれる。ありがたい。



それじゃあ、わくわくいっぱいで、スタッフのみんなに(最初の)挨拶をしよう!
(自分自身の身体が身震いする感覚。よし、と両手をたたいてみる)

(目を閉じて)実際には声に出さずに、「よし!」と言ってみる。限りなくゼロに近いレベルの力加減で、両手をポンとたたいてみる。決意いっぱいの緊張感がたまらなく、いい。
思わず(心の中で)繰り返してみる。
「私の人生は素晴らしい。ありがとうございます。感謝・感謝だ」

いかがでしたか。感情を呼び起こすようなイメージングができましたか。

最初から完璧、というものはありません。電気信号のウォームアップ(グー・パーのエクササイズと感情を感じる動作・仕草・ポーズがセットになったもの)を繰り返すことで少しずつ感情を感じることが容易になるはずです。

そして、今、完成させたゴールシーン(今現在のもの・今後、どんどん進化=変更させても構いません)を繰り返しイメージングすることで、潜在意識イメージングは条件反射のように感じることができるように(自然と)なります。

どうぞ焦らずにこのワークを続けてください。

さあ、これでゴールシーン・イメージングは完成です。
毎日ほんのわずか、5分間程度のイメージングです。ワークです。続けましょう。

電気信号を使ってゴールシーンをイメージングする=限りなくゼロに近いレベルの力加減で感情を呼び起こすイメージングを行う。
ゴールシーンであったり、欲しいものが手に入ってそれを使っているシーンであったり、好きな海外に行って感激している自分であったり・・・いろんなシーンで電気信号イメージングで気分・感情(=波動・エネルギー)を呼び起こしてください。

潜在意識イメージングを使いこなせている、ということになります。

ガイド案内

※ここでアドバイスを一つ。
自分なりのゴールシーンをつくったら、このワークの文章を自分の声でスマホやICレコーダーに録音して、スキマ時間に聞くということができます。(ただし、その場合は例の「限りなくゼロに近いレベルの力加減で」といったようなフレーズは省略された方がいいと思います)

これなら、まさにいつでもどこでも、という世界です。お薦めします。
ここまでのモノを、このゴールシーン・イメージングの部分を書きだしたものを、持ち歩いて、スキマ時間などに読んだり・実際にイメージングしたりすれば、どうなると思いますか?

これからのあなたの人生が、どうなるか、です。

ゴールシーンイメージング

ガイド案内

左側がこれまでの人生の延長です。昨日までの延長線上にあります。
昨日までと同じようなことを思考したり、行動したりした場合のあなたの人生です。

右側はイメージングをすることにしたあなたです。

自分の未来にワクワクしてください。今まさに、創造している瞬間ですから。

ゴールシーンイメージングの実践2(人生のシナリオに近いイメージ)

ガイド案内

潜在意識イメージングをもう少し練習してみましょう。ゴールシーンというよりは、人生のシナリオに近い感じです。

夢が実現して素晴らしい人生・日常生活が送れているところをイメージングします。

自分が、幸せだなぁ、と感じるシーンです。

ここでは成功して海外に住んでいる、海岸でたわむれているのがいちばん好きだ、いちばん気持ちいい、というシーンをイメージングします。

そこでの感情・気持ちを十分に感じることができるように・体験できるようにイメージングします。
・潜在意識に刻みつけるためのイメージングです。
・思考を現実化させるための強い感情を伴ったイメージングです。
・引き寄せの法則を発動させるための波動を変えていくためのイメージングです。

※通常は頭の中で(意識の中で)思考する場面(シーン)をあえて書きだしてみます。
(繰り返します。海外に住むのが夢という人の場合です)

【海外に住んでいる自分が体験する日常(時間と空間)のイメージ】

ビーチを歩く。波打ち際をわざと歩いてみる。
風が気持ちいい。ほんのりと潮の香りが漂ってくる

青い空、エメラルドグリーンの海、たわむれる魚たち
沖ではサーファー達がビッグウェーブに歓声をあげながらエネルギーを爆発させている。

思わず笑みがこぼれる自分を自覚できている。
そんな風景を見るのが大好きだ。
遠くの歓声を聞きながら耳をすますと、心地良い風が頬をなぜてくれる。
カラッとした気持ちの良い風、風、風。
どこまでも透きとおるような風景がたまらない。
空気自体に薄いコバルトブルーの色が着いているような気がしてしまう。

見慣れたはずなのにパームツリーのはるかかなたに見える山々が心を満たしてくれる。
本当にありがたい。
いつきても同じ感動を覚えることができている。
ワクワク感から、ビーチサンダルを脱いでみる。
砂の感触が、足の感覚が感動だね。
人生を生きていることを実感できている。

海水を手で触る、海の水をすくってみる。
少しだけ口に含むと、塩(塩分)の味覚と風潮の香りが鼻の奥をくすぐってくれている。

あー、この体感・実感が幸福感をいっぱいにしてくれる。喜びだ。
目を閉じても、思いっきり両手を広げても、背伸びをしても、自由だ。

豊かな気持ちとは、まさにこの感情だとあらためて思ってしまう。
パームツリーの大きな葉が擦れる音が・風が強くなってきたことを知らせてくれる。
少しずつ少しずつ、夕方が近づいているのがわかる。

私は、夕暮れに浮かび上がるシルエットがたまらなく好きである。
逆光の中、どんどん輝きを増す波のきらめきが美しい。
いちばんの癒しかも知れない。黒とオレンジの世界。
本当に時が止まっているようにしか感じられないのだ。
永遠の幸せ、永遠の豊かさ、永遠の安らぎ、永遠の今、だ。
遠くの沖にゆっくりと移動する小さな船も、海岸を歩く恋人達も、そんな風景をずっと眺めてきた木々も、一つの芸術作品のように迫ってきてくれる。

目を閉じる。目を閉じてもあまりに美しい「切り取り画(シーン)」が鮮やかに浮かび上がる。

深く深く息をする。ほんの少し潮の香りが薄らいだような気がする。
自分の魂が思いっきり楽しんでくれているのがわかる。
ワクワクドキドキ感が高まるばかりだ。

海岸のワクワクから次は小高い丘に移動する。
この風景も大好きだ。ここら夜景を眺める楽しみもまた格別だ。
オレンジが闇にバトンタッチをする頃には宝石箱へと姿を変える街が浮かび上がる。
ほんの少しだけ強くなった風が、髪に、頬に、身体全体に心地よい。
本当に宝石箱に飛び込んでしまいたい錯覚になる。
思い切りジャンプすればできそうな気もする。
目を閉じる、両手を広げる、深く息を吸う。たまらない幸福感。
この感動に感謝だ。

私の横には愛するパートナーがいる。言葉はいらない。
同じ時間と空間を共有するだけでいいのだ。
ここにも永遠の幸福が満ち溢れている。豊かさを体感できている。

今ここ、を楽しんでいることができるのが人生のありがたみなのだと思ってしまう。
振り返っても、星空を見上げても、360度のきらめきが無限の輝きが、一斉に降り注いでくれている喜びがある。
こんなワクワクと喜びがありがたい。

心の奥から震えるくらいである。
自分の人生に乾杯、だ。
そして感謝・感謝だ。

いかがでしょうか。少し詩的にもなったかも知れません。

実際にこういったシーンを頭の中で思い描く時は、次のような問いかけ(赤い文字の部分)に対して自分で感覚をとらえることができるようにしてください。
そのために電気信号があるのです。限りなくゼロに近い力加減での感覚を思い出してください。

ビーチを歩く。波打ち際をわざと歩いてみる。
(どんな感じ? 風は、まぶしさは? 気温は? 聞こえてくる音は?・・・)
風が気持ちいい。ほんのりと潮の香りが漂ってくる
(潮の香を感じる鼻はどんな感じ?)
青い空、エメラルドグリーンの海、たわむれる魚たち
沖ではサーファー達がビッグウェーブに歓声をあげながらエネルギーを爆発させている。
(視線を空から海、さらに海の中へと移すと太陽光線が反射してまぶしい。沖に目をやる時の視線は? 歓声を聞いている自分の耳を意識してみる)
思わず笑みがこぼれる自分を自覚できている。
そんな風景を見るのが大好きだ。
(ニコッとする時の顔の筋肉は? 思わず口元が緩む。その感覚は?)
遠くの歓声を聞きながら耳をすますと、心地良い風が頬をなぜてくれる。
カラッとした気持ちの良い風、風、風。
(風が頬、髪の毛をなでてくれる。その時の感覚は?)
どこまでも透きとおるような風景がたまらない。
空気自体に薄いコバルトブルーの色が着いているような気がしてしまう。
(この時の感覚は? 感情は? 気持ちは?)

※以下省略

ガイド案内

さあ、これに限りなくゼロに近い力加減、電気信号を感じることができるようにイメージングしてみましょう。まさに実践です。

できれば電気信号でのウォームアップとしてのグー・パーと自分のお気に入りでの「楽~」「幸せだなぁ~」という感覚を感じたあとに始めてください。

ビーチを歩く。波打ち際をわざと歩いてみる。
(どんな感じ? 風は、まぶしさは? 気温は? 聞こえてくる音は?・・・)

(目を閉じて)足裏に限りなくゼロに近いレベルの力加減を感じてください。
右、左、右・・・と砂浜を歩いているように(意識の中で・電気信号で)動かしてください。(もちろん実際には動かしません)
砂浜から、波打ち際の海水の中に、足を進めます。水の感覚を感じてください。
右足で波を蹴ってみてもいいですね。
風が、顔に、髪に気持ちいいです。顔の筋肉で感じることができますか。限りなく・・・です。
足元の波がキラキラして、まぶしいですね。思わず目を細めます。もちろん、限りなくゼロに近いレベルの力加減で目を細めてください。(実際には目を閉じていますから、目を閉じる必要はありません)
足の感覚での水温はどうですか。
顔が感じる気温、太陽光線の強さはどうですか。電気信号を感じる努力をしてください。
(感じられる範囲で結構です)
波音、風の音・・・耳をすましてください。(耳に意識を向けて、限りなくゼロに近いレベルの力加減で耳をそばだてて音をひろうようにしてください)


※もちろん、自分なりの感じ方や意識の向け方で構いません。一つの実践的な例です。


風が気持ちいい。ほんのりと潮の香りが漂ってくる
(潮の香を感じる鼻はどんな感じ?)

(目を閉じて)風で髪の毛がひたいや頬をなでるのを感じます。ひたいや頬に(そこの筋肉に)限りなくゼロに近いレベルの力加減で意識を向けて、感覚をとらえてください。


青い空、エメラルドグリーンの海、たわむれる魚たち
沖ではサーファー達がビッグウェーブに歓声をあげながらエネルギーを爆発させている。
(視線を空から海、さらに海の中へと移すと太陽光線が反射してまぶしい。沖に目をやる時の視線は? 歓声を聞いている自分の耳を意識してみる)

(目を閉じて)限りなくゼロに近いレベルで顔に電気信号をむけてください。
(実際には動かさないで)顔を青い空に(上方に)向けます。空いっぱいの光の粒子がまぶしいのを感じて、目を細めます。(限りなく・・・で、電気信号で細くなった目を感じるだけです)
今度は海に視線を落とします。電気信号で顔を足元に向けてください。(実際には動かしません)
足元にたわむれる魚たちを目で追おうとしますが、キラキラがまぶしすぎてさらに目は細くなるばかりです。この細くなる目を限りなくゼロに近いレベルの力加減の意識で感じてください。
(実際には目を細めたりはしません)
今度は、サーファーをさがすために沖へと視線を移します。目を閉じたまま電気信号で目が動いたのを感じてください。
次は、耳に意識を向けて沖からの歓声をひろいましょう。限りなくゼロに近いレベルの力加減で耳に意識を向けて音をひろおう、としてください。電気信号で耳からの感覚を感じてください。



思わず笑みがこぼれる自分を自覚できている。
そんな風景を見るのが大好きだ。
(ニコッとする時の顔の筋肉は? 思わず口元が緩む。その感覚は?)

(目を閉じたまま、顔も動かさずに)ニコッと意識の中でしてください。限りなくゼロに近いレベルの力加減で顔の筋肉を感じてください。ニコッとした筋肉からの電気信号を感じてください。
思わず口元が緩んだ時の感覚もとらえてください。口元の筋肉からの電気信号を感じていますか。



遠くの歓声を聞きながら耳をすますと、心地良い風が頬をなぜてくれる。
カラッとした気持ちの良い風、風、風。
(風が頬、髪の毛をなでてくれる。その時の感覚は?)

(目を閉じたまま、どちらかの耳に意識を向けると)
心地よい風で、耳から頬へと意識が移ったのを感じてください。風が頬をなでる感触と、髪の毛が風でなびいて頬に当たった時の感触の両方を、限りなくゼロに近いレベルの力加減での筋肉からの刺激を感じてください。乾いた風が次々とあたる感触を楽しんでください。



どこまでも透きとおるような風景がたまらない。
空気自体に薄いコバルトブルーの色が着いているような気がしてしまう。
(この時の感覚は? 感情は? 気持ちは?)

(目を閉じて、身体を動かすことなく)風景を見渡す感覚を感じてください。限りなくゼロに近いレベルでの力加減で、顔を左右に動かします。(実際には動かしません。意識だけです。電気信号だけで筋肉が動いたことを感じてください)
(はじめて)深呼吸してみます。(これは実際にしてみてください)
鼻に意識を向けて、限りなくゼロに近いレベルの力加減での匂いを感じる鼻を意識してください。
「あ~、気持ちいい」「あ~幸せだなぁ~」「楽~ぅ」の感覚を感じてください。楽しんでください。

※以下省略

ここまでがゴールシーンイメージングの完成形です。あなたは、電気信号を使って五感でのイメージングができるようになったということになります。

五感で感じる(実際は限りなくゼロに近いレベルの力加減からの筋肉からの刺激です、電気信号です)ことで感情を伴ったイメージングになります。

要領は理解できましたか? あなたが欲しいものを手にいれた時の状況をイメージングする時には、限りなくゼロに近いレベルの力加減・電気信号を使って感情をともなったイメージングにしてください。

ガイド案内

「幸せだなぁ~」「楽だなぁ~」「気持ちいいなぁ~」を体感してください。

電気信号を使ったイメージングで感情を味わってください。

ゴールシーンイメージングの実践2は、海外に住む夢を実現した場合の日常をイメージングしました。場面は、海岸と小高い丘でした。
(しかも限りなくゼロに近いレベルの力加減・電気信号を感じるための解説は前半部分のみで一部は省略させていただきました)

これが正解ではありません。完成形でもありません。

海外に住む夢を実現したことをイメージングする時に、(たとえば)
・家の前の庭で、親しいお友だちと楽しく食事をしているシーンでもいいですし
・スポーツやレジャー、趣味などにチャレンジしている最中のシーンでも構いません。
・お洒落な街中で買い物を楽しんでいるシーンでもいいですね。

とにかく、自分が「幸せだなぁ~」という感情を感じることのできるシーンで、欲しいものが手に入った、夢が実現した、願いごとがかなった、目標が達成できた、そういった後の自分を気持ちよく体験するためのシーンを見つけてください。

あとは日常生活において、ワクワクしたり遠足前夜気分の感情を感じたりすることを時々してください。
夢実現預金通帳を眺めたり、手にしたりして、
通帳の中に記載したモノ・コト(それが実現した時のシーンなど)をイメージしてください。
もちろん、ここで練習したように電気信号を使ってのイメージングを行ってください。
・・・・・
あとは忘れて日常生活を送るだけです。

ゴールシーンイメージングのまとめ・音源化のすゝめ

電気信号を使ったゴールシーンイメージング、いかがでしたか。最初はなかなか大変かも知れません。自分が作成したゴールシーンのシナリオに、詳しくPOINや感情をともなうイメージングのやり方(目を閉じて・・・という部分です)を案内しましたが、毎回毎回意識する必要はありません。

ガイド案内

慣れてくれば、自然と夢実現預金通帳の中身を眺める時でもワクワクしながらのイメージングができるようになります。ちょっと意識するだけです。

電気信号=限りなくゼロに近いレベルの力(ちから)加減で、自分の手足を・身体を感じてください。そこからの感覚を感じてください。それが五感で感じるイメージングです。あなたの気分・感情につながります。

ワクワクしてください。遠足前夜気分になってください。
一日の内、ほんのわずかでもそんな気分になれたら・・・
人生を創造するのに必要な、あなたの思い込み・固定観念が変わります。

ガイド案内

いかがでしたか?

世界に一つだけの、あなただけの人生のシナリオです。完璧を求める必要はありません。現時点での完成品ということで、まずはつくってみることが大切です。何度も言いますが正解はありません。できあがったものが現時点での最高傑作なのです。

シナリオを作成する時に、感情のポイントを書き込んだり、それこそ脚本家・シナリオライターのように注意書きみたいなものを書き込んだと思います。
ぜひそれもいっしょに残したままで音源化されることをお薦めいたします。

音源化すると、スキマ時間に聞き流したり、寝る前などに聞きながらそのまま眠りにつくこともできます。どうぞお試しください。

【ご参考までに】こんなシナリオもあります。
一日のあらすじ!というものです。寝起きと寝る前に・・・

一日のあらすじのテキストファイルはこちらです。

一日のあらすじ(毎日、スキマ時間をみつけて黙読されてみませんか?)

朝起きてから夜寝るまで、時々(思い起こす時に)思考を意図的に向けてみてください。習慣化するまでどうぞ。

今朝もまた(ありがたいことに)、物質世界に(素晴らしいこの世界に)戻ってくることができた。毎朝、気分良く目を覚ますことができるのが何よりだ。
朝いちばんからいい気分でいることは、目覚めた瞬間から「いいコト」を引き寄せる波動が世界中に、宇宙へと放たれているのが実感できるような感じだ

いつも自分で見た夢を思い出すことができる。時には、夢からのシグナルで課題を解決したり、人生・運命を切り開いてきたことは間違いのない事実だ。
最近では、寝る前にいつも自分の潜在意識に、課題・問題の解決や人生のヒント・シグナルを与えてくれることを意図的に潜在意識に頼んでから眠りにつくようにしているが、少しずつひらめきに気づくようになってきている自分を自覚できているのがうれしい。

私は、食事をする時や身支度などをする時も、意図的に思考をコントロールできている。以前は、あちこちに思考が飛び回っていたものだが、意図して思考を導くことができるようになっている。1分間のあいだに、あーでもない、こーでもないと20回も30回も未来の不安や過去の出来事・後悔などに思考を向けていた頃の自分が懐かしい感じだ。

今の瞬間こそが現実をつくる、つくり出すパワーの源(ポイント)だということも十分に理解している。

しかも、(今回)一度きりの人生だということも理解できている。リハーサルなしの本番の人生だということも、延長戦もロスタイムもないということを理解している。だからこそ、今という瞬間の大切を、現実をつくり出すために思考と気分(感情)を意図的に向けることが極めて重要だということも理解できているのだ。

今という瞬間瞬間の積み重ねが人生であり、自分の人生を創造している地点だということは十分に理解しているが、すぐに思考はさまよってしまう。
気づくたびに(今という瞬間に)戻ってくればそれで構わない。戻れなくなった時が人生・運命に泳がされているということになるのだ。

私は自分の人生の創造者である。今、ここで創造している。それを今一度、自覚しよう。

人は1日に約5万回ほどいろんなコトを思考しているという。確かに1分間に20~30回位いろんなコトを思い、悩み、愚痴をいい、ひがみ・そねみ・ねたみを感じたりしていることほどもったいないことはない。1分間に30回何事かを考えると1時間で1800回だ。1日18時間起きているとしたら、3万2千回にもなってしまう。さらに目の前に出現した現実・出来事に反応しているとしたら・・・とんでもない数の思考を、自分が望む方向とは違う方向に向けていることになる。一昨日、昨日と同じ思考をして今日も、明日も、明後日も同じような現実を創造している。種蒔きしているのだ。

引き寄せの法則が、昨日と同じ現実を引き寄せる方に働いている、ということだ。
思考のうち、約9割は昨日と同じことを思考しているそうだ。だから、昨日と同じような人生・現実が出現してしまうことになる。

私は、人生の主演(主役)男優・女優であり、監督・脚本・演出・振付・言葉指導・・・すべてを兼ねている。俳優が成功するのは、みんなが憧れるのは、役に成りきれるからなのだ。成功者の役、大冒険家の役、大金持ちの役、アスリート役・・・彼ら(彼女ら)は夢をみさせてくれる。たくさんの人に夢を与えることができる。だからこそ成功するのだ。天が運命が宇宙が人生が、彼ら(彼女ら)を応援するのだ。

さあ、自分も真似をしよう。成功者の振りマネ、今演じている人生の夢・願いごと実現時点の、成功時点のその時の「人物」の役に成りきるのだ。

その役柄の人物は、今のあなたと同じ言葉使いだろうか。同じ生活のリズムだろうか。同じ行動パターンだろうか。同じ生活習慣だろうか。同じ振る舞いだろうか。同じ思考パターンだろうか・・・?

もしあなたが、小さい頃や学校などでの「出し物」で、劇や芝居をしたことがあったら(思い出して)堂々と演じてみよう。レッドカーペットを歩く時は、猫背で卑屈に伏し目がちに、しかも見つからないようには歩かないはず。モデルが歩くランウェイ、役者が歩く花道、みんなそれぞれの役に成りきって演じている。しかも、堂々とだ。

成功者になりたい・・・成功を演じよう・・・成功者のように生活しよう、成功者のように振る舞おう・・・
健康になりたい・・・健康な人を演じよう・・・健康な人の生活をしよう、健康である人のように振る舞おう・・・
お金持ち・富に囲まれたい・・・お金持ちを演じよう・・・お金持ちのような気分でいよう、お金持ちのように振る舞おう・・・
恋人と幸せな時間を過ごしたい・・・愛にあふれた幸せ者を演じよう・・・愛して愛されて幸せいっぱいの自分でいよう、ラブラブの状態の人のように振る舞おう・・・

気分を、感情を、思考を、そして波動を導いていくのだ。俳優やスターのオーラが違うように、雰囲気から今と違う自分をつくり出す・演じるようにしよう。

時間があったら5分間のワーク(実践)をしてみないか。

まずは深呼吸だ。呼吸を鎮めると思考も(ありがたいことに)鎮まってくれる。あちこちに思考が飛び回ったら、暴れまわったら・・・放っておこう。勝手にやらせればいいのだ。
無視して、呼吸に意識を向けるのだ。呼吸を鎮めることに意識を向けよう。

しばらくすると、自分の心の奥底に何かを感じることができるはずだ。やる気のようなエネルギーか、もう一人の自分のようなものか、その「かけら・一部分・ピース」のようなものを感じることができるのではないか。

そこに思考が向いたら、感じることができるような気がしたら・・・好きな方法で構わない。
言い聞かせ(アファメーション)・自己暗示で心の奥底に届けよう。無声音・黙読的な感じでも大丈夫だ。

1日24時間、1,440分間の中の、わずか5分間だ。その5分間を自分の人生の創造のために使おう。
魔法の言葉というのを知っているだろうか。「ツイテル・ありがとう(ございます)・感謝します」の3つだそうだ。
この言葉だけで人生を違うものにした人たちがいる。

私は健康、私は健康だ。私は、周囲の人の健康を祈ることができる。他の人がますます健康になることを心から願う。称賛する。他の人の健康を自分のことのようにうれしく感じることができる。みんな健康だ! 私は健康が好きだ! 健康バンザーイ!だ。
(私は成功している。成功に近づいているのを知っている。私は成功が好きだ。ライバルの彼が、他の人たちがますます成功したり、目標を達成したりするのが自分のことのようにうれしい。次は、私の番だと思っている。若の人が成功した話を聞くことは楽しい。成功と聞いただけでうれしくなる。気分が良くなる。そんな自分が好きだ)
(私は豊かである。私はお金が好きだ。私はお金が世界中を潤沢に回っていることを知っている。私が(喜んで)手放したお金は私に戻ってきます。私はいつもお金に感謝しています。私はお金持ちの人の話を聞くのが好きだし、うれしい。お金のことを考えるだけでどんどん気分が良くなっていきます。あの人がお金を手に入れたと聞いたら、すぐに心から祝福することができます。私はお金持ちの人たちを心らか祝福することができる。次は私の番だと知っているのも楽しい。そんな自分が本当に好きだ)

※これがいちばん難しいかも知れませんが。

5分間のワーク(訓練=無声音での独り言)で5分間言い聞かせる。17秒思考を集中すると引き寄せの法則にスイッチが入るらしい。その4倍の68秒になると(68秒間思考を向けると)引き寄せの法則がパワーアップするらしい。それの約5倍の時間を、言い聞かせ(自己暗示)で思考をコントロールして導いていくワークは苦にならない。私は、毎日毎日、続けることができる。

※17秒、68秒のノウハウは引き寄せの法則(エイブラハム)より

まさに今、自分の人生を創造している最中なのだから。

5分間のワークが終わったら、日常に戻ろう。普通の生活だけど、昨日までの自分とは明らかに違ってきている。
自分の思考が勝手にさまようのを自分でコントロールできるからだ。
今に戻ることができる。「あっ、今、思考がさまよっている」と自覚できるようになってきているのだ。

現実の日常に戻ったら、感謝の気持ちで毎瞬・毎瞬を過ごすことができる。目の前に登場する、私が出会うすべての人・出来事はプレゼントだ。私にとっての贈りものだと理解しているからだ。
もちろん、この現実を創造したのは(引き寄せたのは)自分自身なのだ。

日常に戻っても、思考を見張るようにしておいて欲しい。思考は暴走するのが当たり前です。気づいて、「そっちに行ったらダメよ」と正してあげてください。その繰り返し繰り返しで構わない。ふと気づくと完全に思考を導いていくことができている自分に気づくはずです。

ここからは(妄想気味の)イメージの訓練をしよう。イメージングの予行練習だ。

日常の生活で、ふとしたスキマ時間にやってみてはいかがだろうか。

【注意事項】・・・今の現実、生活、日常をわざわざ頭の中で想像するのではないですよ。妄想気味でいいから、3Dメガネをかけているつもりで、それを見ながら同時中継するように、未来の自分の映像を「自分の言葉」で頭の中でしゃべってください。シナリオライターであるあなたの言葉・ストーリーを、口述筆記するアシスタントがいるように、あなたはしゃべるだけです。(頭の中で)
あとは神さまが、天が、運命が、人生が、潜在意識が、引き寄せの法則が、すべての出来事の段取りをしてくれますから。

「一日のあらすじ」の中に入る未来の出来事。ただし、感じるのは「今」です。
【2本の ------------------------------------------------------------ の間に、自由に入れ込んでください。自分専用のシナリオを】

未来の出来事ストーリーを(頭の中でしゃべりながら)、少しだけ気分・感情を加算してください。気分を感情を伴う思考の練習も同時にしましょう。感謝の気持ちを、気分を感じるようにして欲しいのです。難しかったら、無声音で(頭の中で)ただ繰り返すだけで構いません。
さあ、始めよう!本サイトで案内している(作成した)自分専用のシナリオでも構いません)

------------------------------------------------------------

私は、この時間帯の散歩が大好きだ。透きとおるくらいのエメラルドグリーンの海辺を歩くのは本当に気持ちいい。
ここの海岸はキレイな砂がキラキラしていて、まぶしいくらいの反射光が何とも言えない空間をつくり出していてくれている。

週に2回の散歩だけど、完全にリフレッシュできている。砂のザラザラ感と、ほんの少し冷たい海水が混ざる波打ち際を歩くのがくせになっている。

・・・・・

この後は、同じく週2回のジムでのスカッシュだ。最近では少し上達したかな。
目いっぱい汗をかくことができる。これでもかという感じで身体中から噴き出てくる汗は、生きていることを実感できる。疲労と終わった時の開放感、満足感、充実感が何とも言えない。

シャワーを浴びて着替えると、ほんの少しの「けだるさ感」でジムを後にする。この時ばかりは、不思議と太陽の日差しがいつもよりまぶしいと感じてしまう。

クーラーの聞いたレストランでの妻との食事は本当に楽しい。お気に入りの店で、お気に入りの席、お気に入りの風景、そしてお気に入りのメニュー・・・時間は、あっと言う間に過ぎていく。このひと時に感謝・感謝だ。

この店のスタッフもいい人ばかりだ。会話がうれしい。

・・・・・

昼食を済ますと、私は2時間から3時間程度、仕事をする。最近ではわずかな時間でも自分の会社の経営ができている。申し分のない売上と収益だ。
ここまで築き上げてきた資産のおかげだ。

毎日毎日、ほんのわずかな仕事時間で当たり前のように生活している自分の姿は、周囲の人からどんなイメージを持たれているのだろうか。時には思ってしまう。
妻との時間も、子どもとの時間も十二分にある。こうなったのも、きっかけは「あの日、あの考え方に変えた時から、あのやり方にシフトした時」からだ。

潜在意識からのシグナルだったのだと思う。ヒラメキに、第六感に、虫の知らせに、私の人生「あの瞬間から」変わったのだ。

私は、あの瞬間を振り返るのが好きだ。あれがなければ、今がないのだから。あの時の、あれを思い出すのが大好きなのだ。
年老いてから日向ぼっこをしながら、昔を回想するのとは違うものだ。運命を変えることができた要因を忘れないことと、また次の世代にも伝えていけたらという思いからの振り返りだ。感謝している。本当にありがとう、だ。自分自身に、ありがとう、だ。

・・・・・

------------------------------------------------------------

シナリオによっては約10~15分間くらいかかるかも知れない。でも、(繰り返すけど)今、創造している最中なのだ。本来なら、これ以上に自分の人生の創造においては大切なことはないはずだ。

感情を、気分を伴った強い思考で、思考を導いて人生を創造することほど楽しくて、貴重なことはないのだ。それが分かっている自分でいることがうれしい。

さあ、気分のいい1日がだんだんと終わりに近づいてくる時、仕事をしていると、思考が少しずつ疲労してきて効率が落ちて、身体のだるさを感じるようになってくる夕暮れ時、ふと気を許すと心地よい眠りが襲ってくるタイミングかも知れません。
そんな「もの憂い」ひと時は、ゴールシーンのシナリオをイメージングしてみることをお薦めします。

ゴールシーンとは、まさに夢がかなった瞬間や願いごとがかなった瞬間ではなくて、それが当たり前になっている状態を思い描いて、その時の気分・感情を感じること、それがゴールシーンです。

多くの人にとって夕方の食事がメインディッシュ、晩餐であったりするように、なりたいものになれている、欲しいものが手に入っている、ゴールシーン後の日常です。
前述しました、役柄の振りマネです。再度、思い出してください。あなたは役者=主役ですから。主人公なのですから。

【ここではサンプルとして】健康とお金について、あらすじをご案内します。

私の人生は、私が創造している。私の人生は私のものである。私は、どこにいようとそれを創造している。
私は自分自身を信頼している。今、現在、ここで創造している。パワーのポイントは現在なのだ。今から、また、ここで始めればいい。

私はいまいる現在から、自分自身の現実を、私が未来だと思う「モノ」の中へと送り出す。

今いる地点からしか、働きかけることはできないということを知っている。(まるで自分に催眠術をかけるように)心の中で、振る舞おう。

望んでいるものの証拠・証(あかし)を、私の内部に探そう。前向きな経験を、今、感じることができる。心の中で、望んでいることを5分間見つめ続けることができる。それが願望実現のためのメインのワークだ。

さあ、今日のメインディッシュだ。始めることにしよう。5分~10分間、思考・観念・イメージをいじくり回してみるのだ。

※電気信号を使った感じるイメージングでも構いません。

【健康】

私は、いつも身体の調子がいい。私の細胞が元気なのが分かる感じがする。朝の目覚めから夜寝るまで身体がずっと楽に感じることができる。

何から何まで、健康そのものだ。周囲の人の目に健康な私の姿はどう映るものだろうか。背筋を伸ばして胸を張って、自由に移動することができている私はどう見られているのだろうか。きっと、あの人はいつも元気だ、うらやましい、健康のかたまりだね、と思われているのだろう。

私は、何から何まで健康だ。動いたり、話したり、食べたり、飲んだり、自由に行動できているのがうれしい。あれもできるし、これもできるし、あんなことできた、そうだ!あれもやれる・やろう!

私の心の奥からの元気さが、私に自然と笑みをもたらせてくれる。この気分の良さ、元気さ、健康のエネルギー・オーラ・波動をたくさんの人々にプレゼントすることも私の役目だ。思わず微笑んでしまう自分自身が本当にうれしい。感謝・感謝だ。

何をするにしても、どこに行くにしても、私は思わず微笑んでしまう。ありがたいことだ。これが私の本来の姿なのだ。

私は、今、それをここで経験している。体験できている。私のパワーのポイントは今だ。今、ここでイメージングで想像していることが、タイムラグがあるが間もなく体験する現実を創造している最中なのは間近いない。

私の脳は、ありがたいことに今ここでの(内なる)体験と、現実の体験との区別がつかないのだ。潜在意識もいっしょだ。

私は、いつも健康であることが当たり前なのだ。私の身体中のすべての細胞が、そう(私は健康が当たり前だと)思っている。

さあ、元気いっぱいの自分自身に感謝・感謝だ。私の身体に感謝だ。ありがとう。私は、いつも健康でいることが本当にうれしい。

私は健康であることを示す振る舞いを(最低でも1日一回は)、実際にすることができる。胸を張って大股で歩く、心の中で、出会う人出会う人に次から次へと、「おはよう」「こんにちは」「元気です」と私の元気さをプレゼントするように挨拶をする。そうだ、今日も時間を決めて道行く人に心の中でやってみよう。昨日は1分間だったので今日は3分間だ。私は、元気だ。私は、本当に元気だ。

やがて、健康について私に講演依頼がきそうだ。(ニンマリ)

【お金】

私が内なる世界で(心の中で)何から何まで、お金を持っているような振りをしよう。実際、そうなのだから。私も(みんながそうであるように)無限の富と無限の宇宙とつながっているのだから。

心の中で買い物することは楽しい。うれしい。私はこのひと時が好きだ。あれも買える、これも買える。そうだ!あれまで買っておこう!

あれができる、これもできるし、あそこにも行ける。あそこに行ったら、あれをして、これをして、あれを買って、あれを食べて・・・その次は、あれまでやろう。豊かさとは好きな時好きなコトができること、自由だということだと理解している。私は、今、それができている。今まさに、それを行っている最中だ。

私が(心の中でも)お金を使うのは、他の人の役に立っているということを理解している。私が買ったり行ったり食べたりすることで、その商品・サービスに関わっているすべての人に、私は仕事・給料という観点からも貢献していることは事実であり間違いのないことだ。私は、喜んでお金を使うし、感謝する。お金は、また世の中に役立ちながら私の元に帰ってくることを知っている。

※ここで、今日、自分の口座に○○万円入ってきたと思い込んで(仮定して)、口座から現金を引き出してください。できれば(そのお札の感覚を電気信号で)感じてください。
その膨らんだ財布を持って、街に・モールに・ネットショップに繰り出すのです。そのお金を心の中で(内なる世界で)使ってください。あれも買える、あれも・あれも、それからこれも買える・・・

私は、この時間が好きだ。スキマ時間に心の中で行うことができる。そうだ、パソコンに向かってリストアップするように入力しながら、あれも買える、これも買えると想像しながら創造することができることも知っている。私はたくさんの買い物をした。そんな時間を持てることは、私は豊かなのだ。心も意識も思考も現実も豊かなのだ。

やがて、(どうしたの? どうやるの?と)たくさんの人が教えて欲しいと私の周りに集まってきてくれている。私は、そんな集まりや会合などのひと時も好きだ。(ニンマリ)私の人生はどんどん変わろうとしている。

もちろんのこのタイミング(時間帯)でのワークでなくてもいい。入浴しながらでも、寝る前のリラックスタイムでも、逆に昼間のスキマ時間や通勤時などでも構わない。

イメージング(または電気信号でのイメージング)・ヴィジュアライゼーション・ヴィジョンボード(宝地図というのもある)、何でも構わないので自分に言葉やイメージを使って心の奥底に届けよう。

私は健康だ。私は健康にあふれて毎日毎日が躍動している。うれしい、楽しい、愉快だ。あれもできる、こんなこともできた。次は、あれもやろう、これもやることにしよう・・・5分間、その感情・気分に浸るのだ。

私は自由で豊かだ。私は自分の人生がうれしい。毎日毎日が楽しくてしようがない。あれも買えた、それも買えた。あれも買える、、これも買える。あれもできた、これもできるし、次は、あれもやろう。あそこにも行こう、あそこも行ける。5分間の心の中のお買い物。

心の中の世界と現実の世界、行ったり来たり。安心していい、脳は・潜在意識は区別がついていないから。5分間のワクワク・ドキドキはたまらない。毎日、60分×(24時間-睡眠時間6時間)=1,080分。そのうちのわずか5分だ。ニンマリしよう。

眠りにつく前のリラックスタイム。今日1日で、一番楽しかったことを思い出そう。次は・・・2番目に楽しかったことは、3番目は?
意外と楽しい1日、充実した1日じゃないか。私の人生もまんざらではないことが分かる。私の運命・人生は楽しいものだと知っている。

わたしは、寝る前のこのひと時が大好きだ。今日も、本当に充実した1日だった。毎日毎日が充実していることに感謝・感謝だ。少しだけ振り返ってみよう。こんないいことがあった。あんなこともあった。そういえば、あの出来事もありがたいことだ。振り返ると、気分の良い1日だったことは間違いない。確実に私は気分のいいコトを、ラッキーなコトを、人生を豊かにするコトを、引き寄せているようになっている。そんな気がする毎日だ。しかも最近では、どんどん増えてきていることは間違いない。

私は寝る前に、これまでと同じようにこれからも人生を導いてくれる潜在意識に対して、幸運や富や健康・成功・愛いっぱいの生活と毎日・良好な人間関係などを導いてくれるコト、課題解決や夢・願望実現のためのヒント・導きなどをお願いして(引き継いで)眠りにつくことができる。

潜在意識に夢の実現や成功に向けての段取りやエネルギー・効力発揮をバトンタッチして眠ることができる。

夢の中で、問題・課題の解決策が与えられるはずだと、自分に言い聞かせよう。

私の潜在意識は、私が眠っている間にも休まずに活動してくれている。
24時間365日だ。私は潜在意識を心から信頼している。私の夢は必ず実現する。
私は明日の朝、目覚める時に、潜在意識からヒントやアイデアなどをもらうことができる。いつもいつも潜在意識には感謝している。

私の人生は素晴らしい。私の人生は素晴らしい。私は自分自身が大好きだし、自分の人生・運命を気に入っている。私は自分の人生が大好きだ。私は自分自身が好きだ。明日も素晴らしい気分で目を覚ますことができると知っているのはうれしい。

私は、明日の朝も気分良く目を覚ますことができる。明日もまた、ワクワクの1日が始まるのだ。

======================================================================

以上が、一日のあらすじです。朝起きて、昼間のスキマ時間、夜リラックスしている時、眠る前などに、(黙読する形でも構いません)思考を向けてみてください。
具体的には、朝起きた時、昼、夜寝る前などに、さらりとでいいですから読む(黙読する)ことを、思考を向けることをお勧めします。

さらに、シナリオ(人生のシナリオやゴールシーンのシナリオ)の部分は自分なりのものを用意しておいて入れ込みながら読むと=思考を向けるとより効果的かと思います。(あなた専用のあらすじになりますから)

ページの先頭へ