オリジナルイメージングマスター【1日目】グー・チョキ・パーで電気信号を体感する!

イメージング

秋田です。

1日目のステップです。

あまり肩に力を入れないようにして自然体でチャレンジしてください。
決してバカバカしいとは思わないようにしてくださいね。
素直な心の方がノウハウをマスターすることは、はやいものです。

まずは「じゃんけん」を思い出してください。
今日(1日目)と明日(2日目)で基礎的な練習を終わらせますのでバカにすることなくチャレンジしてみてください。

ここでの課題・ポイントは

  • グー・チョキ・パーでどこまで「力」を抜くことができるか?

です。

グー・チョキ・パーのエクササイズ

グーチョキパーのエクササイズ

さあ、いよいよ電気信号イメージングの練習開始です。
まずは電気信号を感じるところからのスタートです。

イメージングにおいて感情を感じるための、感情を体感するための第一歩です。

(微妙な)電気信号を感じる訓練の第一歩です。

まずはリラックスしてください。
イスに座ってもベッドや布団などに横になっても構いません。

チョキの形は、はさみの形でもピストルのような形でもどちらでもOKです。
自分のくせになっているやり方で結構です。

グー・チョキ・パーは、誰でもできますね。
はい、両手で、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パーと軽く2、3回繰り返してください。

グーチョキパー  ⇒  グーチョキパー  ⇒  グーチョキパー

そもそも「脳」からの指令は電気信号です。
グー、とイメージすると・・・(思考=脳が指示して)・・・電気信号で命令が伝わって実際に手がグーを握ります。

これを頭に入れておいてください。

100%の力(ちから)加減でグー・チョキ・パー

まずは100%の力加減でのグー・チョキ・パーをやります。(もちろん両手です)
最初は、グーだけを100%のパワーで握ってください。

グーチョキパー

ちょっと大変ですが・・・もうこれ以上は力を入れることができないというくらいの力加減です。
格闘技などをする時に思いっきり相手にパンチをあびせる、というつもりでのグー、です。

電気信号イメージング【1日目】

手が、プルプルと震えるくらいの強さで一度グーを握ってみてください。
ここまで大丈夫ですね。できましたね。

どうでしょうか、結構な力加減だと思います。

次はこれを両手で行います。
すでに両手で行っていた方は、もう一度同じようにやってください。

はい、両手で100%の力加減で、グーゥーゥーゥー・・・・・はい、力を抜いてください。
パワーをゼロにします。

・・・・・

完全脱力です。

【ここでのPOINT】
あなたの100%の力加減を覚えておいてください。
だいたいの感覚で構いませんので、全力で握ったらこのくらいだ、と体感しておいてください。

次からはすべて両手で行います。
次はチョキです。

グーチョキパー

人差し指、中指、親指など、立てた指を強く先の方に伸ばす(これ以上は伸ばせないというくらいに)ように意識します。
あなたの脳から、意識から、思いから、指示が出ていますか?

100%の力で、チョキーィーィーィー、と指を広げます。
はい、脱力します。

力(ちから)ゼロです・・・ふぅ~っ、という感じです。

・・・・・

あ~、疲れた、とか
脱力~ぅ~、もうこれ以上は力が入りませ~ん、といったように(自然と)感情を感じることができていますか

ここまで順調ですね。あなたは優等生です。

さあ、次は、パーです。

グーチョキパー

両手10本の指を全部(100%の力で)伸ばすようにします。

パアーァーァーァーで100%、もっともっと広げて、これ以上は無理~、はい脱力します。
だら~ん、という感じで力を抜いてください。

両手の力を完全に抜いてください。ゼロにしてください。
ここまで簡単ですね。上手くできていると思います。

次のステップは・・・100%の力加減で続けてグー・チョキ・パー

グーチョキパー  100%のまま  ⇒  グーチョキパー  100%のまま  ⇒  グーチョキパー

今度はちょっと大変ですけど・・・

次のステップに進みます。
今度は、グー・チョキ・パーを途中で力を抜くことなく3つ続けてグー・チョキ・パー100%をやってみます。
どんどん両手の感覚が敏感になってきますから無邪気にやってみてください。

最初の力加減ゼロの状態から・・・
普通の状態の両手から、はいグー、100%、そのまま100%で、チョキー。
そのまま100%でパー、パァーァーァー、はい脱力~です。

いいですね。何も難しいことはありません。

はい、2、3回続けてやってみましょう。ずっと100%のままですよ。
途中はゼロにしないでください。

グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー・・・はい、OKです。
お疲れさまでした。

あなたは(自分なりの感覚ですが)100%の力加減と0%をいったりきたりすることができています
それを自覚できていますね。

何となくでも構いません。
何となく感じることができていれば・・・順調に進んできています。

グー・チョキ・パー、次のステップは力(ちから)加減を減らします!

脱力のイメージ

今度は、少しだけ微妙な力加減が要求されます
でも、自分なりの感覚で大丈夫です。

これまでMAX 100%だったものを、少しずつ少しずつ減らしていきます。
ゼロ、MAX、ゼロ、MAX、ゼロ、MAX の繰り返しでやりますが・・・そのMAXの値を小さくしていきます

こんな感じです。
ゼロ、MAX(100%)、ゼロ、MAX(70%)、ゼロ、MAX(50%)、ゼロ、MAX(30%)・・・

電気信号イメージング

【ここでのポイント】

  • これ以上、力を抜くと・・・グーの形がとれない。
  • これ以上、力を抜くと・・・チョキの形にならない。
  • これ以上、力を抜くと・・・パーというよりも「脱力した手のひら」になってしまう。

という微妙な力加減を体験するためのトレーニングだと思ってください。

繰り返しますね。
自分なりにどこかでこれ以上力を抜くと、力加減を小さくすると、手が握れない、チョキの形がとれない、みんな力を抜いたパーのような形になってしまう、というところを見つけるのが(ここでの)狙いです。

あくまでも自分の力(ちから)加減を知るためのものですから・・・人は関係ありません。
(自分の感覚だけでOKです)

では、始めましょう。

まずは、MAXを50%でやってみます。
自分なりの感覚でOKです。これが100%の半分くらいの力かな、というような感覚で大丈夫です。

グーチョキパー  MAX50%のまま  ⇒  グーチョキパー  MAX50%のまま  ⇒  グーチョキパー ⇒ ゼロ(脱力)

はい、50%の力で、グー・チョキ・パー、脱力(ゼロ)、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・
何となくできましたね。そんな感じで構いません。

安心してください。

次は30%です。
30%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・

クリアできたら・・・次は20%でやってください。
えっ? 30%と20%の微妙な違いが(感覚的に)分からない?
でも大丈夫です。

はい、20%の力加減で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・

この当たりまでくると、もうちゃんとグーが握れないとか、チョキなんてできない、という段階かも知れません。・・・それで構いません。
ここでは、どのくらいの力加減だと手が動かなくなるか、というレベル感を肌で感じてもらうためのものですから。

正解はありません。
人それぞれです。自分だけの世界で構いません。

もう動かないよね、というのを無理にグーとか、チョキとかの形をとるようにはしないでください。

グーチョキパー グーのつもりだけどパーの形 ⇒
グーチョキパー チョキのつもりだけど力の抜けたパーのまま ⇒
グーチョキパー パーのまま脱力・ゼロ・・・

手は、動かないけど、自分の感覚では、微妙だけど、確かに、力が、入っている、という感覚を見つけるための、自覚するためのエクササイズですから。

MAXの力加減が、20%まできましたね。次は10%です。
さらに、10%を、5%、3%、2%、1%と小さくしていってください。

まだ(力が入っているとう感覚を)感じることができていますか?
微妙な世界は自分だけの世界・感覚です。それで大丈夫ですから。

もっと、もっと小さく・・・もっと力を抜いて・・・

電気信号イメージングのトレーニング

さらに、小さく!というと「えっ?」と言われそうですが・・・

はい、力加減をもっと小さくしていきます。
力は入れているのだけど・・・手は動かない、を感じます。

  • 電気信号だけが・・・脳(思考)から発せられている。
    (グーだ、チョキだ、パーだ、というように)
  • けれども・・・
  • 手は動かない、を体感してください!

0.5%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・

さらに小さくします。
0.3%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・
0.2%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・
0.1%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・

・・・・・

さらにいきます。0.05%です。

もっと・・・
0.05%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・
0.03%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・
0.01%の力で、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ、グー・チョキ・パー、ゼロ・・・

ここまでどうでしたか?
自分の力加減で、力が入っているけど手は動かない、というレベルが何となくわかりましたか?
もし、まだよくわからない、という方は逆にレベルを上げていってください。

こんな感じです。

0.01%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
0.03%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
0.05%で、グー・チョキ・パー、ゼロ、
0.1%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
0.3%で、グー・チョキ・パー、ゼロ、
0.5%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
1%で、グー・チョキ・パー、ゼロ、
2%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
3%で、グー・チョキ・パー、ゼロ、
5%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
10%で、グー・チョキ・パー、ゼロ、
30%で、グー・チョキ・パー、ゼロ
・・・・・
この当たりまでくると、自然と手が動いていると思います。

※人によっては、もっと早い段階で、たとえば0.5%とか、1%とか、5%といったような段階で手が動き始める人がいるかも知れません。

それはそれで結構です。人それぞれです。
機械で計測するわけではありませんので、難しく考えないでください。

何となく、限りなくゼロに近いレベルの力(ちから)加減がわかりそうですか?

電気信号イメージングのトレーニング

いかがですか。
手が動き出す寸前の力加減を・・・(何となくで結構です)・・・感じることができましたか。
微妙な力加減、大丈夫ですね。

(これからは)そこが自分のMAXの力加減だと、決めてください。
手が動き出さないけど、力は入っている・・・動き出さない限界でのMAXの力加減、ということです。

手を動かそうとするけど、動かないギリギリの力加減、ということになります。
でも、力は入っている、ということです。

この力加減が(自分なりに)把握できた、ということであれば電気信号イメージングマスターコースの半分以上はマスターした、と言っても言い過ぎではありません。
あと少し頑張りましょう。

では、本日最後のエクササイズに移りたいと思います。

グー・チョキ・パーの完成形

電気信号イメージング・グーチョキパーの完成形

さあ(あと少しです)、今日は一気に、微妙な力加減をマスターするステップまでいってしまいましょう。
微妙な電気信号を感じるためのステップでもあります。

これは【重要】です。
前のステップで、自分の手が動かないギリギリ、動き出そうとする寸前の力加減を把握できていますから、すぐに実践できると思います。

下の図のイメージを体感してください。

電気信号イメージング

あなたが、全身麻酔をされている、と仮定してください。
ただし、薬で眠っているという状態ではありません。

あなたの意識は、はっきりとしている。
ただ身体全体が動かない、もちろん頭も、閉じている目も動かせない、という感じです。

事故や病気で両手や身体が動かない状態だとイメージしても構いません。

「さあ、リハビリで両手を動かしましょう」ということをドクターから言われた、とイメージしてください。

繰り返しますね。約束ですよ、お決まりごとです。
両手は絶対に動かしていけません。

ただし・・・

動かそうとすることは必要ですので、それはしてください。
意識の中だけで、心の中だけで、頭の中だけで、思考だけで、両手に力を入れてください

さあ、やってみましょう。グー・チョキ・パー
意識の中だけで力を入れます。
リハビリで両手を動かそうとするけど、力が思うようには入らない。

少しは力が入っているつもり・・・
力が入っているのは、わかる。でも、動いていない、という感じです。
大丈夫ですね。

この微妙な力加減、何となくでも感じることができますね。

頭の中で、グー・チョキ・パーと力を入れるように、頭から(脳から、意識から、思考して、考えて、思って)指示が出ています。
でも、動かない・動かしてはいけない。そういう微妙な感覚です。

はい、続けてやってみます。
グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、はい、ストップです。
脱力してください。

完全に力を抜きます。力加減、ゼロです。

繰り返します。
自分では、手が動かない。けれども(自分なりに)力は入れているゼロではないほんの少しの力を入れているという状況です。

もちろん感じる力の強さは人によって違います。
さあ、何回もやってみましょう。

動かさないで、グー・チョキ・パー、です。
グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー、グー・チョキ・パー・・・

はい、結構です。何となくで結構です。
微妙な力加減が(何となく)自覚できましたか。感じることができましたか。

ここまで大丈夫ですね。

両手は(手のひらから先は)、動いていない、でも、(自分なりに)力を入れている、という感覚ですよ。
間違っても、前腕部とか力こぶの当たりの腕には力を入れないでください

あくまでも、力を入れるのは手のひらから先の部分です。
それで、グー・チョキ・パー、です・・・動いていないけど、グー・チョキ・パーです。

まとめ・・・最後に

電気信号イメージング1日目まとめイメージ画像

電気信号イメージングをマスターするための1日目のエクササイズはここで終了です。
お疲れさまでした。

イメージングの第一歩です。どうぞワクワクしながら行ってください。

これが微妙な電気信号を感じる訓練の第一歩です。・・・大切です。
明日は、この訓練を完成させるところまでやります。

そして、さらに身体全体でのエクササイズまでをやってみることにしましょう。

ここまで本当にありがとうございました。

電気信号イメージング2日目のトレーニングはこちらです。

 

スポンサードリンク